TOP > 社会 > 家の中でも地図作り 「ルンバ」とグーグルがタッグ  :日本経済新聞

家の中でも地図作り 「ルンバ」とグーグルがタッグ  :日本経済新聞

家の中の家電や機器がネットワークでつながる「スマートホーム」の分野で、意外な家電製品が主役の座を狙っている。ロボット掃除機で約7割の世界シェアを持つ米アイロボットは19日、掃除で得たデータで家の中の...

ツイッターのコメント(12)

「ルンバ」とグーグルがタッグ: 日本経済新聞 IoTはプライバシーの概念も変えていくのだろうな、きっと。
スマートホームデバイス市場がこんなに伸びてきているとは知らなかった。米アイロボットの「地図作り」というプラットフォーマーへの挑戦は面白い。日本の製造業もDXによるビジネスモデルの転換が求められる。
定住していないと信用されなくなりそうな、とか。どれだけ便利にしようとしているのかとか。バーチャルリアリティの世界を作ろうとしているのか。マトリックスの世の中も近そう。
これはおもしろい組み合わせ。家の中でできるなら、将来的にはショッピングモールとか空港でも応用できそう。
掃除で得たデータで家の中の地図を作製する新型「ルンバ」を日本に投入すると発表した。同社は家庭内のデータ収集を強化するグーグルとも提携した。

 「ルンバ」とグーグルがタッグ: 日本経済新聞
なんか怖さを感じる。。。
これを良しとするか否か。情報は個人の所有物なので、いい人にはいいのでしょうが、お子さんなど意思決定権を他に握られている人はどうなるのか。
家の間取りをGAfaに関連付けさせるのはやりすぎでしょ。気持ち悪いな。
なるほどねぇ
ついに家の中の情報まで。
「家庭内のデータ収集を強化するグーグルとも提携」ルンバを買う未来は無くなった(=_=)
以上
 

いま話題のニュース

PR