TOP > 社会 > iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省、慶大の計画了承  :日本経済新聞

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省、慶大の計画了承  :日本経済新聞

厚生労働省の専門部会は18日、iPS細胞を使って脊髄損傷を治療する慶応義塾大学の臨床研究計画を了承した。iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を患者に移植し、機能改善につなげる世界初の臨床研究とな...

ツイッターのコメント(131)

いずれ脳性麻痺も治療できる時代が来そうですね^^そのとき僕はもう生きていないかもしれませんが・・・
脊髄腫瘍摘出による損傷にも効果があるのかなぁ?すごく知りたい❗️
@SPA300s 余計なお世話、状況がちょっと違うかもしれませんが、脊椎損傷でもiPS細胞による治療で歩けるまでになった人もいるようです。
岡野栄之先生のiPS細胞を用いた脊髄損傷治療。
岡野研の一員として、無事の成功を祈ってます。
しかし、記事のケイファーマは福島さんの設立の間違いです。
@182yuta44 期待しちゃうね😊
こっちの治療法も脊髄損傷患者以外にも応用が期待されてるよ。


俺もさっさと治したい!😆
CYBERDYNE<7779>

CYBERDYNE の山海氏と、慶応義塾大学 医学部教授の岡野氏。ロボットスーツHAL医療用(下肢タイプ)と、iPS細胞による再生医療を組み合わせ、脊髄損傷患者の機能を再生する技術の臨床応用を目指す。
患者の方やご家族の負担軽減は勿論のこと、社会復帰による経済的な側面からも期待が高まります(*^_^*)。
@kakutolog PS細胞で脊髄損傷治療 

画期的な事   高山選手だけじゃなく 患者すべてが待ちごがれる!!
もう少しだ!
:『...目や心臓、脳の神経、血小板に続き、実際に患者に移植する再生医療の研究が広がっている。...計画は、iPS細胞を使う再生医療の中で「本丸」とも位置付けられるものだ。脊髄は神経の状態を再現する実験が難しく...脳と並んで創薬が進みにくい。iPS細胞の登場で...。』
やっっと😂🤝🤝🤝
今度先生に私にも適応できるのか聞いてみよ
厚労省の専門部会は㏱、iPS細胞を使って脊髄損傷を治療する慶応義塾大の臨床研究計画を了承した。iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を患者に移植し、機能改善につなげる世界初の臨床研究となる。19年夏にも始まる見通し
@Takayamado 素晴らしいニュースもありました。
高山さんの復活する日を待っています!
脊髄の正常な神経細胞とiPS細胞がきちんと繋がって機能するか注目ですね。
神経細胞同士を円滑に結びつける意味で、リハビリも重要になるでしょう。
成功して欲しい。
期待大。
@jbm36832 日本の神経幹細胞の分野では慶応の岡野先生が先頭でやってらっしゃいますので、その研究を待たれた方が良いような気がします。
素晴らしい。 →
早期実現を期待したい
「計画では脊髄の損傷から2~4週間が経過し、運動などの感覚が完全にまひした18歳以上の患者4人が対象」
素晴らしいニュース👏👏👏
高山善廣さんとっても朗報!/
さすが国策iPS、結構テレビでも取り上げられてますね💡

個人的には現在MSCで行われているものが将来はiPSに置き換わっていくと考えてます⤴

すぐではないでしょうけど😅

サンバイオもですが、この件で将来的に競合(もしくは併用もあり?)するニプロの動向に注目ですね。
臨床研究がスムーズにいって、早く一般的治療まで進むと良い。
ついに!
どんな結果を残すのか楽しみ
iPSって、今まで治せなかった多くのものを治せそうでワクワクしますね。臨床もとっととスピーディーにやって欲しい。
再生医療は国の了承とらないと臨床研究できないのかね?ん〜
いい結果が出ますように
いや、iPS細胞なのになぜ他家なのかという素朴な疑問に誰か答えて
ケイファーマは非上場かな
KOの岡野先生、動き出す、、、患者1人あたり200万個を損傷部に注射で移植する。
再生医療の本丸。期待します!
iPS細胞(ES細胞はやらない)から作った神経芽細胞を損傷後2−4週の脊髄損傷患者に移植治療。やっと開始。安全性確認の実験で治療目的じゃない。他家移植でHLAはどうするのかな。先はまだまだ長そう。
この記事は多分これから先何度も見直すからここに置いておくね。
日経新聞の速報きてましたね。

・iPS細胞から神経のもとになる細胞を作る
・1人あたり200万個を損傷部に注射で移植
・1年かけて安全性や効果を確かめる
・再生医療の中で「本丸」と言われている
・サルの実験では歩けるように回復している

うまくいくといいですね(*'▽')
TVでも何回も見た。
脳もお願いします!
やっとここまできたか。私が一番期待しているのはこれだ!
これよ(「・ω・)「
すごいなぁ
うまくいってくれ
未来へ一歩ずつ🐦💨💨💨💨💨💨💨
医学の進歩は目覚ましいですね(*☻-☻*)
期待しています。
いよいよ。iPS/ESの決着の行く末はともかく、臨床試験が始まらないと進まないから、ともかくも心強いニュースです。
脊髄神経を直接治療する方法はまだない。

そのため脊髄損傷の治療は

・骨折、脱臼した脊柱の再建
・神経圧迫の除圧
・リハビリ

これら間接的な治療がメインとなる。

直接的な治療が出来る日が待ち遠しい。
いいニュース!
ALS、パーキンソン病だけでなく、いろいろなものに期待できる。

>>
もっと見る (残り約81件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR