TOP > 社会 > 「白血病」若い世代のがんで最多 治療法は進歩 (写真=共同) :日本経済新聞

「白血病」若い世代のがんで最多 治療法は進歩 (写真=共同) :日本経済新聞

45コメント 登録日時:2019-02-12 16:24 | 日本経済新聞キャッシュ

競泳女子の池江璃花子選手(18)が診断された「白血病」は、血液のがんの一種で、若い世代で罹患(りかん)する割合が最も多い。かつては生存率が低かったが、近年治療法が急速に進歩しており、若い世代の白血病...

Twitterのコメント(45)

池江選手が発症: 日本経済新聞

「同センターが2018年5月に初めて公表した調査結果では、がんになった15~19歳の4分の1が「白血病」と診断されており、最も多かった。」
古いニュースだけど。
池江選手が発症:日本経済新聞  2月 7割以上が治ってると書いてるけど逆に2割弱が治ってないってことだよね?治るって表現は白血病で使っていいの?
10万人に1~3人なんだ…。
国立がん研究センターが2018年5月に公表した調査結果で、がんになった15~19歳の4分の1が「白血病」と診断され、最も多かった。
放射能被ばくで最も危険とされている病気。
福島第一原発事故との関係は、まったくないのでしょうか?
池江選手が発症 (写真=共同) :日本経済新聞
原因は、THE EVIL WIND from フクイチ
エビデンス集めで迷宮に入りそうだ。
データは細かく追求すると、年が増すごとにそのデータの調査方法が変わったり、世論や意識などでデータに影響がある人間の動きがあるから、年度が増すにつれ増えがちなのだけれども。

 池江選手が発症
増えてるとは聞いてたけど治療法も発達してて、少しホッとしました。
「池江さんなら大丈夫!!」以前から、高校生とは思えないくらいの人格的な落ち着きに「やはり世界で戦う人は違うな」と感じていましたが、神様たちは五輪で活躍する以上の試練を与えてきましたね。寧ろこれまでが基礎体力づくりの準備期間だったのかもしれません。

via
池江選手が発症:日本経済新聞 私もまだ不勉強でコメントできる立場にないので、少しでも正しい知識を学んでおきたいです。
池江選手が発症: 日本経済新聞
そして、これ自体はいいニュースではないのだが、これをきっかけにドナー登録者が増えるといいなあ、と思う(断言できるわけはないが、池江さんも恐らくは急性だろうし...)
へえ、急性白血病と仮定すると10万人に2, 3人が発症するのか。若い人の割合が多い。まあ、昔と違って治る確率が高いのが救いだな
2018年5月に初めて公表した調査結果では、がんになった15~19歳の4分の1が「白血病」と診断されており、最も多かった。
かつては生存率が低かったが、近年治療法が急速に進歩しており、若い世代の白血病は7割以上が治っている
池江選手が公表 (写真=共同) :日本経済新聞
…同センターが2018年5月に初めて公表した調査結果では、がんになった15~19歳の4分の1が「白血病」と診断されており、最も多かった。
日本メディアには,医療の良識も,人への思いやりも無い,,ただただ,記事ネタ,知識あさり,真の医療に役立たない興味本位,,呆れるほか無い・・・・
治るって事だよね‼︎池江選手、焦らず頑張って‼︎
「白血病」は、がん細胞が急速に増殖する「急性白血病」と、ゆっくり増殖する「慢性白血病」がある。池江選手は自身のツイッターでは「白血病」としか説明しておらず、どの種類なのかは不明だ。日本水泳連盟は「白血病としかいえない。急性か慢性かはもう少し時間がかかる」
@nekonoakajita 治療法が進歩したといっても「血液のがん」に変わりは無いですからね…。

>かつては生存率が低かったが、近年治療法が急速に進歩しており、若い世代の白血病は7割以上が治っている
良くなる。よくなる。
>
慢性は50代の発症が多いってことだし、治療の計画が立ってそうな言い方からして急性なのかな。まあ治療後の経過を見てちゃんと対処していくのが重要なのは変わらないだろうから、早く治療終わりそうでも焦って無理するのはよくないことは確かか。
クソみたいな健康食品、健康器具、情報商材みたいなインチキ商売で財を成してのうのうと生きてる奴もいれば、こんな天才に病が襲いかかる場合もある。人生とは理不尽なり。
池江さんの復活を心より願います。
幸い池江璃花子選手は強靭なスタミナを持っている。。。
ほんとに驚きました。ちょっと頑張り過ぎたんじゃないかな。栄養をしっかりとってゆっくり体を休めてください。
白血病の種類によっては、若い人ほど治りやすいものもある

日本経済新聞より
こうした遺伝子異常が起きる原因などは十分に解明されていない。若い世代の白血病は7割以上が治っている。
早く治りますように。「競泳女子の池江璃花子選手(18)が診断された「白血病」は、血液のがんの一種で、若い世代で罹患(りかん)する割合が最も多い。かつては生存率が低かったが、近年治療法が急速に進歩しており、若い世代の白血病は7割以上が治っている」
池江璃花子選手(18)が診断された 若い世代の白血病は7割以上が治っている。:日本経済新聞
本田美奈子は帰ってこなかったが
渡辺謙は帰って来た

吉井怜ちゃんは帰って来たが
子供産めない体になったな

治療前に卵子取り出して
凍結保存?いやそれじゃダメか
別問題だから検索しよっと
#白血病 を公表。

命が大事。本人が一番辛い。
私たちはただ見守り、完治を願っています。。今は何より焦らず治療に専念して元気に戻ってきて下さい。
ご快癒を祈念いたします。
あんなに若くてハツラツとしている人が信じられない。
多くの人が驚いた速報()でした。骨髄移植だけが治療法ではなく,薬物による治療もあり,医療の現場も日々進歩していると思います。何とか一日も早く快方に・・・と多くの人が思ったのではないでしょうか。
本当にショック。とにかく今はしっかり治療に専念してほしい。今は完治も期待できる病気。彼女の笑顔を待ちたい。
治療期間は患者の状態によって異なるが、正常な白血球が増加して体力が回復してくれば、次第に元の生活に戻すことも可能になる。プロ野球選手やサッカー選手で白血病の治療を受けた後に復帰した選手もいる
カンナビスオイルって発想は日本にはまだないか?
治療は希望持てるね。
池江選手を信じて応援しよう!!
池江瑠花子選手、大丈夫。この病の治療は症状が初期で体力が本人にあればあるほど化学治療などの選択肢の幅が広がるし、後は最終的には骨髄移植の問題でも例え周囲に適合者がいなくても早期発見による時間があなたに有利に働く。
唖然とした、負けずに頑張って欲しい。適切な表現か分からないけどjust move on
国民に勇気と感動を与えてくれた池江璃花子選手の病気が1日も早く完治し、元のように元気に活躍できるようになることを祈りたいと思います。
#競泳 #白血病 #快方 #完治
競泳の池江璃花子選手(18)が診断された「白血病」は、若い世代では7割以上が治っている病気。急性と慢性の違いや治療法について学びます。
池江璃花子選手が「ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と書いたのは本当のこと。また元気に泳ぐ姿を応援したいですね。
以上

記事本文: 「白血病」若い世代のがんで最多 治療法は進歩 (写真=共同) :日本経済新聞

関連記事