TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 米政府のAI投資...

米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令 (写真=AP) :日本経済新聞

20コメント 登録日時:2019-02-12 07:21 | 日本経済新聞キャッシュ

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は11日、連邦政府で人工知能(AI)分野の投資を拡充する大統領令を発令した。米行政管理予算局(OMB)には2020年会計年度(19年10月~20年9月)の予算...

Twitterのコメント(20)

AI これらに必要なのが目であるイメージセンサー
もちろん
の独断場である。がんばれソニー!!
自社株買い早く始めてね・・・
そのため、トランプ氏は大統領令で「連邦政府が持つデータを、民間企業や学界などが幅広く収集できるよう点検する」ことも求めた。
米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令


極めて社会主義的政策。

日本も大いに見習おう!
米行政管理予算局(OMB)には2020年会計年度(19年10月~20年9月)の予算策定で、AI分野に研究開発費を重点配分するよう指示した。官民のデータ共有なども進め、ハイテク分野での中国の急激な追い上げをかわすねらいだ。
面白くなっきたー 米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令:
トランプ政権がAI分野への投資拡充を打ち出したのは、ハイテク分野で覇権争いを繰り広げる中国への対抗心がある。
お金(予算)やデータはもちろん大事です。しかし「優秀な人材を世界から受け入れること」や「グローバルに開かれた市場」を軽視してはAIの競争力も高まりません。
「野党・民主党はトランプ政権と対立しており、AI分野の予算拡充に協力するか不透明。国家主導で重点投資する中国に比べてトランプ氏の大統領令の効力には限界が」・・スピード競争。
日本の官民には十分な危機感があるとは思えないんだが。

"国家主導で重点投資する中国に比べてトランプ氏の大統領令の効力には限界があり、中国の追い上げを受ける米国の危機感は拭えそうにない"
まるでAIバブルだわなあ(笑)
米政府、AI投資に重点 トランプ氏が大統領令
予算はさておき、官民におけるデータ連携は意義が大きそう。オープンデータ。

米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令:
日本は?
トランプさんは徹頭徹尾ビジネスマン。
これは公平な競争を阻害する政府補助金にあたらないのか?あたらないよな。
国家主導で重点投資する中国に比べて、トランプ氏の大統領令の効力には限界があり、中国の追い上げを受ける米国の危機感は拭えそうにありません。
AI能力の優劣がそのまま軍事バランスにも影響するため、米国も必死です
「下院で多数派となった野党・民主党はトランプ政権と対立しており、AI分野の予算拡充に協力するか不透明」米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令:
11日、連邦政府で人工知能(AI)分野の投資を拡充する大統領令を発令した。米行政管理予算局(OMB)には2020年会計年度(19年10月~20年9月)の予算策定で、AI分野に研究開発費を重点配分するよう指示した。
トランプ米大統領が、連邦政府でAI分野の投資を拡充する大統領令。連邦政府内の研究機関に対し、AIの関連技術に研究開発投資を集中するよう求める。日経から。  連邦政府が抱えるデータを民間が活用できるようにする。
以上

記事本文: 米政府のAI投資拡充、トランプ氏が大統領令 (写真=AP) :日本経済新聞

関連記事