TOP > 社会 > インフル患者、最多222万人 全都道府県で警報レベル  :日本経済新聞

インフル患者、最多222万人 全都道府県で警報レベル  :日本経済新聞

15コメント 2019-02-01 11:10  日本経済新聞

厚生労働省は1日、21~27日の1週間に報告されたインフルエンザ患者が1医療機関当たり57.09人だったと発表した。昨冬ピークの54.33人を上回り、集計が始まった1999年以降最多。全都道府県で3

ツイッターのコメント(15)

スポンサー薬品会社のコマーシャル♪
ええええ
こんな流行ってたんだ。。。
お気を付けて。。。

 全都道府県で警報レベル  :日本経済新聞
今日も複数名からインフルエンザの連絡がきてて、そろそろフロア閉鎖なんじゃないかと
インフルエンザ患者が集計が始まった1999年以降最多となりました。
昨冬ピークの54.33人を上回り、集計が始まった1999年以降最多。全都道府県で30人を超える「警報レベル」となった。/ 全都道府県で警報レベル: 日本経済新聞
インフルエンザでないことを祈るばかり😭
全都道府県で警報レベル
~罹患された方、お大事に
「手洗いとうがい」が、風邪やインフルエンザに最もコストパフォーマンスのいい予防法だそうです。インフルにうがいは効果があるというエビがなかったかもしれません、が、風邪に効果があるのは間違いないら
これって、東京の人口密度上がりつづけてるのも原因の一つなんじゃないか。
あんまりそういう論調見ないが
全都道府県で警報レベル: 日本経済新聞
もはや災害と同様に企業や学校で対策する必要があると思う。
インフル患者が最多に 推計222万人、重症例目立つ:
「医療機関を受診したのは全国で約222万6千人(推計)で、前週から10万人近く増えた」そうで。満員電車乗りたくないでござる。
インフル患者、集計開始以来最多に 重症例目立つ:
マスクをしてる人が多いにも関わらず1999年以降最多の患者数で重症化が目立つとは、従来の種々のインフルエンザ対策が全く的外れだったのではないのか。真に有効なインフルエンザ対策指針を専門家が議論してしっかりまとめて欲しい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR