TOP > 社会 > ドイツ、石炭火力発電全廃へ 38年まで政府委合意  :日本経済新聞

ドイツ、石炭火力発電全廃へ 38年まで政府委合意  :日本経済新聞

【ベルリン=石川潤】ドイツの政府委員会は26日、同国の石炭火力発電を2038年までに全廃することで合意した。気候変動に対応するため、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する。計画実行には政府や州政府に...

ツイッターのコメント(28)

少なくとも先進国はこういう流れになってくるでしょうね。日本が世界の流れを見誤らないといいけれど。
天然ガスでの発電に、世界中の意識高い系国が傾倒すれば、当然、天然ガス値上がりすると思います…ロシアからの輸入が増えれば、これまた当然、ロシアの意向に逆らえなくなりますよね?れい新さん?…という感じw
で、代わりにどうするの?フランスから原発電力を輸入ならなんだかなぁ。。CO2削減の観点からは原子力はクリーンエネルギーなんだよな。。;
ドイツはどうしてこんなに早い決断ができるのだろうか🙄
住民ファーストなんだろうか
ドイツ人、文明をやめてゲルマン族よろしく森でウッホウッホ言って暮らすつもりか。その頃には肉食もやめてるはずなんで絶滅すんでないか。
ドイツは、2022年までの原発全廃に加えて、石炭火力も2038年までに全廃する事を今年発表した。
政府委員レベルの合意だけど、よくこんなことをさらっと言えるよね。電力事業者やメーカーは大変なんでは?ベースロードの代替電源開発に失敗したら大変なことに>"石炭火力の廃止には代替電源確保が課題になる"
コストも安全性も現代のテクノロジーでは原発が優位よね>
ドイツの石炭発電は今後、フェーズアウトに向かっています。でもコストの関係で果たしてスムーズに行くかどうかは、やってみないとわからないでしょう。
本日の日経新聞では「ブルンデンブルグ州では、約20000人の雇用を抱えている」とも紹介されています。産業構造の転換は、地元の失業者対策とセットで進める必要有りです。
再エネを進めたドイツは火力発電所を二倍に増やしたとかいうデマが未だにまかり通っている。新聞よんでないのかな。
@bSM2TC2coIKWrlM 先日、ドイツが脱火力発電に決意表明したところですね…
脱原発が予定より遅れているとは言え、日本(アレ政権)は百年程度遅れている上、逆方向を向いていると思います。
発電の4割が石炭なのに環境先進国みたいな扱いされがちなドイツさん。。
ESG投資で目の敵にされつつある石炭事業、今後燃料炭が値崩れしていくのか、怖いなぁ
原子力に引き続いて石炭火力も将来の廃止か。まあドイツは金があるし陸続きの周辺国もあるから、代替電源がダメでも電気を買うことは可能。 / “  :日本経済新聞”
やっぱすげえょドイツは
石油と再エネで行くのかな。
全廃した分、近隣諸国から原発や電力をお借りするのも全廃した方がいいですよ、ドイツ。私は原発や再エネに頼らない工夫したいかな。小中水力とか広がってほしい。
石炭と原発を全廃する社会という理想をかかげたドイツ、すごい。
ニホンと違い良い意味で政治的決断早い。ドイツはある意味でニホンなんかより先進国。
ドイツの石炭火力発電は環境破壊につながるとして自然保護団体が強く反対してきた。世論調査でも国民の多くが廃止を求めていた。
ドイツの政府委員会は、同国の石炭火力発電を2038年までに全廃することで合意。石炭火力発電はドイツの発電量の約4割を占めており、段階的に廃止。日経から。  石炭火力からの撤退で影響を受ける州に対して20年間にわたり総額400億ユーロ(約5兆円)を支援。
石炭火力発電はドイツの発電量の約4割を占めており、段階的に廃止
石炭火力は独の発電量の約4割を占め、段階的に廃止する。22年までの原発廃止も決定済みで、石炭火力の廃止には代替電源確保が課題。再エネの活用は広がっているが、電気料金が高止まりすれば経済にも影響が広がりかねず。
原発に続き、石炭も。政府委員会が38年までの全廃で合意しました。では、どうやってかわりの電気を確保するのか。ロシアからの天然ガス輸入計画にはトランプ米大統領が猛反発おり、なかなか厳しい局面です。
これはなかなか大変。再エネの調整どうするかね?
ドイツは石炭火力発電を2038年までに全廃する方向です。石炭火力発電はドイツの発電量の約4割を占めており、段階的に廃止する。22年までの原子力発電廃止も決定済み。天然ガスのロシアからの輸入拡大にはアメリカから強い批判があります。
「ドイツ、石炭火力発電全廃へ、2038年までに」
「ドイツの政府委員会は石炭火力発電を2038年までに全廃する事で合意した。気候変動に対応するためCO2排出量を削減する」「石炭火力からの撤退で影響を受ける州に対して20年間にわたり総額400億ユーロを支援する」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR