TOP > 社会 > 日本経済新聞 > サイバーダイン、...

サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2019-01-23 06:38 | 日本経済新聞キャッシュ

装着型ロボット開発のサイバーダインは福島県郡山市にある生産拠点で、脳卒中や心筋梗塞などの原因となる動脈硬化や不整脈を手軽に調べられる医療機関向けの小型検査装置の量産を2019年内に始める。地元のもの...

Twitterのコメント(11)

サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ: 日本経済新聞
この記事です
サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ: 日本経済新聞 : サイバーダイン、まだあるんだ。
ダイン珍しく頑張ってる。。。サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ:日本経済新聞
おおーーー承認&保険適用までいっていたのね!
足の指にクリップ部をつけ、本体を腹部に当ててボタンを押すだけで30秒ほどで動脈の硬さを計測――。装着型ロボット開発のサイバーダインは動脈硬化や不整脈を手軽に調べられる医療機関向けの小型検査装置の量産を始めます。
サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ

装着型ロボット開発のサイバーダインは福島県郡山市にある生産拠点で、脳卒中や心筋梗塞などの原因となる動脈硬化や不整脈を手軽に調べられる医療機関向けの小型検査装置の量産を2019年内に始める。
装置は心電信号や脈波信号を計測し、動脈硬化の状態を調べる。足の指にクリップ部をつけ、本体を腹部に当ててボタンを押すだけで30秒ほどで動脈の硬さなどを計測できる。
サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ:日本経済新聞
地元のものづくり企業と連携し、当初は月100~200台程度を生産し、順次規模を拡大する方針だ。
サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ 

当初の生産規模は月100~200台程度を見込むが、医療機関だけでなく職場や家庭向けなども含め月産数千台規模にまで拡大する方針
サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ:日本経済新聞 当初の生産規模は月100~200台程度を見込むが、医療機関だけでなく職場や家庭向けなども含め月産数千台規模にまで拡大する方針だ
装置は心電信号や脈波信号を計測し、動脈硬化の状態を調べる。足の指にクリップ部をつけ、本体を腹部に当ててボタンを押すだけで30秒ほどで動脈の硬さなどを計測可能。
同装置は19年1月に公的医療保険が適用になった。販売価格は他社製品の半分から3分の1に抑えたい考え。
以上

記事本文: サイバーダイン、動脈硬化の小型検査装置を量産へ  :日本経済新聞

関連記事