TOP > 社会 > 日本経済新聞 > ソフトバンクG、...

ソフトバンクG、揺らぐ個人との「蜜月」  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-01-18 15:23 | 日本経済新聞キャッシュ

ソフトバンクグループ(SBG)の国内通信子会社ソフトバンク(SB)が株式を上場して19日で1カ月。世間の注目を集めた過去最大の上場案件だが、上場後の株価はさえない。約2兆円の株式を購入した延べ約90...

Twitterのコメント(13)

実際の投資は自己責任で御検討下さい・・
ソフトバンクの劣後債、大丈夫なんだろうな。買う人いなくなっちゃうぞ。格付けの割に利回り低すぎ。
ソフトバンクG、揺らぐ個人との「蜜月」: 日本経済新聞 ”だがSB株は初値が公開価格(1500円)に比べ2%安。上場当日の終値は1282円と15%下回った。その後はやや持ち直したが、それでも1月18日の終値は1429円。公開価格を一度も上回っていない。“
孫正義率いるソフトバンクは、上場後の株価は公開価格を一度も上回っていないんだけど、彼を個人崇拝でもしているかのように称賛している人って…???
配当性向85%。それ含めても、利回りは、。
世間の注目を集めた過去最大の上場案件だが、上場後の株価はさえない。約2兆円の株式を購入した延べ約90万人の個人投資家は含み損を抱える。
どんな会社もいずれそうなるのは世の常
ソフトバンクの株式上場から1カ月。株価はさえない動き。「SBGは成長資金を個人マネーに頼ってきたが、SB上場のつまずきで個人との「蜜月」が揺らぎ始めた」と日経電子版( )。「高すぎた」とも言われる公開価格。誰の責任でしょう?
底値で拾った、余剰資金で。
孫率いるソフトバンク
上場後の株価は公開価格を一度も上回っていない。
@Fukadamoe 結局、全てに関係があるのは、
この人であって、
二度と顔も見たくない。
ソフトバンクの情報システム部に二カ月勤務しては、いましたが、同姓同名や藤田だけでも情報システム部に数人いる背乗り会社。怖いから逃げました。
約2兆円の株式を購入した延べ約90万人の個人投資家は含み損を
約2兆円の株式を購入した延べ約90万人の個人投資家は含み損を抱える
以上

記事本文: ソフトバンクG、揺らぐ個人との「蜜月」  :日本経済新聞

関連記事