TOP > 社会 > 東北新幹線、盛岡以北の高速化検討 JR東が騒音対策  :日本経済新聞

東北新幹線、盛岡以北の高速化検討 JR東が騒音対策  :日本経済新聞

JR東日本が東北新幹線の盛岡(岩手県)―新青森(青森県)で新幹線の高速化を検討していることが14日、分かった。高速化に必要な騒音対策を計画しており、実現すれば現状の法定最高速度260キロメートルから...

ツイッターのコメント(10)

ヤガラだ。
JR東が防音対策を実施するためには国などとの調整が必要。JR東は以前から国との調整を進めているが、難航した経緯もあるか。
 JR東が騒音対策: 日本経済新聞
JR東日本が東北新幹線の盛岡以北に関し、高速化の検討を始めました。30年度の札幌延伸を目指す北海道新幹線にも追い風です。
JR東が騒音対策

JR東日本に期待する。JR北海道の経営安定化には🚄北海道新幹線の高速化で飛行機✈️に対する競争力強化が不可欠。貨物列車専用のトンネルを新設して、青函トンネルでの高速走行が必要。
朝日に続いて日経も記事にしましたね。
あとは、大宮以南の110km制限だなー。
E5系の走行データがある程度集まったってことですな。当面320km/hまでなら騒音対策の設備強化で対応しインフラは触らない。故に追加投資は減価償却されて利益から控除すれば線路使用料の根拠とされる受益分はは増えないという理屈かな?
メモ:東北新幹線の盛岡(岩手県)―新青森(青森県)で新幹線の高速化を検討…(中略)…実現すれば現状の法定最高速度260から同320キロメートルに引き上げられる
実現すれば法定最高速度260km→320kmに。北海道新幹線の札幌延伸で飛行機との乗客獲得競争をにらむJR東日本が、東北新幹線の盛岡―新青森で新幹線の高速化を検討します。
個人的には飛行機より電車の方が好きなので高速化には期待したいです。

 JR東が騒音対策
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR