TOP > 社会 > 年初の円相場「瞬騰」 引き金は自動損切り  :日本経済新聞

年初の円相場「瞬騰」 引き金は自動損切り  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-01-10 02:42 | 日本経済新聞キャッシュ

3日の外国為替市場で、円相場に異変が起きた。わずか1分で1米ドルに対して4円も上がり、1ドル=104円台と約9カ月ぶりの円高・ドル安水準になったのだ。年初の薄商いで為替が動くことはよくあるが、急騰を...

Twitterのコメント(13)

急騰を招いたのは個人と人工知能(AI)。円安に安住した個人投資家が狙われ、それを見たAIが損切りに動いて異変に拍車をかけた。
「損失額は2450万円です。反面教師として拡散お願いします」。1月3日、午前9時
2面、最重要記事だなコレ
年初の円高の背景を描いた解説記事。GWの10連休も要注意だと指摘しています。
[日経]  引き金は自動損切り

>業界関係者によると、この日は個人のロスカットが前日の約10倍に膨れあがった。利益が残る水準で持ち高を解消できた投資家はいるが、元手を上回る損失になった人も多い。
これは新年早々驚いたことの一つ→
NY時間とアジア時間の隙間になるトワイライトゾーンに、FXのロスカット狙いのドル仕掛け売りが出ることは過去にもあった。問題は人間の相場観に頼らない機械取引では「容赦ない」売り浴びせが起きやすいこと。「年初の円相場『瞬騰』引き金は自動損切り」:日経電子版
そんなことトレーダーなら誰でも分かってるわw
> 「CTAのアルゴリズム取引が狙い撃ちにされた」(野村証券の高田将成氏)

米債SしてFAANG買って円売りで損切りしたファンドおる?
3日の外国為替市場で一時1ドル=104円台になりました。年初の薄商いで為替が動くことはよくありますが、急騰を招いたのは個人投資家とAI。円安に安住した個人投資家が狙われ、AIが損切りに動いて異変に拍車をかけました。
「自動損切」。何それ。
>急騰を招いたのは個人と人工知能(AI)。円安に安住した個人投資家が狙われ、それを見たAIが損切りに動いて異変に拍車をかけた。
「損失額は2450万円です。反面教師として拡散お願いします」。1月3日、午前9時…
以上

記事本文: 年初の円相場「瞬騰」 引き金は自動損切り  :日本経済新聞