TOP > 社会 > ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風  :日本経済新聞

ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風  :日本経済新聞

11コメント 2019-01-10 00:04  日本経済新聞

ソフトバンクグループ(SBG)の投資戦略に逆風が吹く。世界的な株安の中で、主要投資先であるハイテク株が値下がりしているためだ。米シェアオフィス大手のウィーワークを子会社化することも検討したが、市場環

ツイッターのコメント(11)

日本のメディアでもソフトバンクのリスクが記事になり始めました。世界景気後退と共に沈むのでしょうか。—ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風:日本経済新聞
ソフトバンク、含み益経営。
いい表現。
ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風
なるほど(笑)
博打のような経営が持て囃される評価基準は見直されるべきだ。株主最優先から顧客、従業員、国や地域への貢献を重視する事が、結果的に利益と評価、尊敬を集める時代になれば良い

ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風: 日本経済新聞
ソフトバンクグループ、含み益経営は良い時は空前の利益、逆風が吹くと空前の赤字になる。もし大赤字になってもただの評価損だから、短期的に経営がどうこうとはならない。企業評価が極めて難しい。
アリババ、エヌビディア、ウィーワーク、ウーバーテクノロジーズ、携帯子会社ソフトバンク(9434)の大株主のソフトバンクG(9984)、世界の株価市場の指標株

ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風:日本経済新聞
ウィーワークへの出資減額が伝わった8日の東京株式市場でSBG株は一時6%高まで上昇する場面があった。出資減額によるリスク分散が評価されたもようだが、「資金提供が滞ることで投資先企業の成長が減速すれば、中期的な株価にはマイナス」(国内運用会社)
● 投資先株価の含み益に頼るSBGの経営は正念場

18年のSBG株の年間下落率は18%と同期間の日経平均下落率12%を大きく上回る。背景には世界的な株安でSBGの保有上場株の下落が加速した事がある。保有するエヌビディアは年間で31%下落。グループで保有するアリババのADRも21%安
ソフトバンクグループ、含み益経営に株安の逆風:日本経済新聞
含み益経営、株安で逆風 ソフトバンクグループ:日本経済新聞 ウィーワークを子会社化することも検討したが、市場環境の悪化を受けて当初予定よりも追加出資は大幅に減額した。投資先の株価はSBGの経営に直結するだけに、難しい局面が続く可能性がある。
株安含み損過剰債務うぇーい。
含み益経営、株安で逆風 ソフトバンクグループ:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR