TOP > 社会 > 米シアーズ、救済策まとまらず清算へ 欧米メディア報道 (写真=AP) :日本経済新聞

米シアーズ、救済策まとまらず清算へ 欧米メディア報道 (写真=AP) :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-01-08 05:39 | 日本経済新聞キャッシュ

【ニューヨーク=河内真帆】米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を2018年10月に申請し、経営破綻した米小売業大手シアーズ・ホールディングスが会社清算に向かいそうだ。7日、欧米メディア...

ツイッターのコメント(13)

GS出身の経営者かぁ
金融畑は金融にいないと駄目なのかな
米シアーズ、救済策まとまらず清算へ: 日経

>シアーズの負債額は113億ドル(約1兆2200億円)…同社会長でCEOのエドワード・ランパート氏が、自らが率いるヘッジファンドを通じて44億ドルで一部店舗などの資産を買い取る案を出したが、融資銀行団がこの案を拒否した

わらたw
トイザらスの時も同じ風景を見たねってコメントが朝のニュースでやってた。
-経営破綻した米小売業大手シアーズ・ホールディングスが会社清算に向かいそうだ。7日、欧米メディアが関係者の話として再建に向けた救済策がまとまらなかったと伝えた。-
シアーズが消滅か。一時は米国最大の小売業だった老舗も、時代の変化について行けなかったということでしょう。
あー、ついに…。

 欧米メディア報道:日本経済新聞
結局ダメだったのかぁぁ
120年を超える歴史を持ち、一時は米国最大の小売業として栄華を極めた老舗が消滅する公算が大きくなりました。
トイザラスに続いてシアーズも会社清算。
アメリカのモールはこのままどんどん廃れていくのだろうか?
シアーズが100年の歴史に幕を閉じる。戦前から米国にはスーパーがあり、大型店が出来てモールが出来ていった。米国の流通業は世界をリードしたし、ホームセンターもドラッグストアも巨大モールもアウトレットも米国で生まれた。シアーズを手本にしたダイエーも今は無い
あのSearsが。どの大都市にも必ず店舗があったが。。
Amazonにみんな吸い取られて骨も残らんかったと。諸行無常。> 欧米メディア報道:日本経済新聞
以上

記事本文: 米シアーズ、救済策まとまらず清算へ 欧米メディア報道 (写真=AP) :日本経済新聞

関連記事