TOP > 社会 > 都民の納税額や資産、都が匿名で企業に提供 同意得て  :日本経済新聞

都民の納税額や資産、都が匿名で企業に提供 同意得て  :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2018-12-30 00:50 | 日本経済新聞キャッシュ

東京都は都民の納税や資産の状況などを匿名データの形で企業に提供する事業を、2020年度にも始める。本人の同意を得た上で個人が特定できないよう加工し、企業の経済活動に活用してもらう。データを基にした効...

Twitterのコメント(21)

手数料いくらなんですかね。
同意しない場合は、申請してください(一切広報しない)

でしょどうせ
匿名でも地域や家族構成で、ほぼ特定されるよ
それに納税額とかのデータを付けてタダであげるとか終わってんな
個人情報を
売りに出す東京都
(╯•ω•╰)
"本人の同意を得た上で個人が特定できないよう加工し、企業の経済活動に活用してもらう…提供するデータは納税額や資産のほか、家族構成、居住地域などを想定している"
東京都、都民の納税額や資産情報を、都が個人を特定されないよう加工した上で企業に提供。
都民の納税額や資産、東京都が匿名で企業に提供
>東京都は都民の納税や資産の状況などを匿名データの形で企業に提供する事業を、2020年度にも始める。本人の同意を得た上で個人が特定できないよう加工し、企業の経済活動に活用してもらう。
もし個人特定できるようにして売っても
誰も責任とらない
それが公務員

東京都、都民の個人情報を企業に売る。
本人の同意を得るにしてもこれは、、、
なんか嫌な予感しかしないが、大丈夫なのか?
またおかしなこと思いついたのか?


小池知事「価値ある行政データ活用」
小池知事、都民ファーストじゃなくて「都企業ファースト」ですか?:
よくわからず同意してしまわなきよう簡潔明瞭な言葉で手続きとは別の書式で署名を要件にしなくては。
“都民からの提供同意は、税の納付など行政への手続き時に取り付ける仕組みを検討する。”
所謂Bigデータ活用…止メちクリ
本人の同意を得た上で”って選挙で選ばれた議員や知事が命令しても、”本人の同意”になるんじゃないけ?”  :日本経済新聞”
「個人情報を守りながら価値のある行政データを活用し、東京の稼ぐ力を強化したい」と小池知事。都民の納税額や資産など匿名データの企業への提供を東京都が始めます。
小池知事「価値ある行政データ活用」
みんな書いてるけど、役人のミスでマイナンバーと資産、納税額がセットで流出して、空前絶後の情報流出事件になる事、請け合い。
国や自治体、国立大学が弱体化する一方で、企業の力が強くなるわけです。企業はより一層強くなろうとしている。
早晩、企業が日本をコントロールするようになるでしょうね。軍国主義の軍隊のように。

都民の納税や資産状況、都が匿名で企業に提供
“都民からの提供同意は、税の納付など行政への手続き時に取り付ける仕組みを検討する。情報漏洩や不正な利用を防ぐため、第三者による監視組織を設ける。運営費用を確保するため、データを取得した企業から手数料を徴取する(中略)19年春にも有識者による検討会を立ち上げる。”
以上

記事本文: 都民の納税額や資産、都が匿名で企業に提供 同意得て  :日本経済新聞

関連記事