TOP > 社会 > 毎勤統計、都内分を全数調べず 厚労省が調査ミス  :日本経済新聞

毎勤統計、都内分を全数調べず 厚労省が調査ミス  :日本経済新聞

11コメント 2018-12-28 18:46  日本経済新聞

働く人の賃金や労働時間を調べる「毎月勤労統計」について、厚生労働省が誤った手法で調査していたことが分かった。従業員500人以上の事業所はすべて調査する必要があるが、東京都では3分の1程度しか調べてい

ツイッターのコメント(11)

忘れた訳ではあるまい
w
今回の不作為って基幹統計だから、統計法違反の刑罰対象ですよね。
この場合、刑罰確定したら、担当した公務員の方は欠格事由該当なんでしょうか?
回答拒否とは次元が違う話かと。。
この統計、どのくらいの範囲で参考にされてたんだろ。場合によってはもっと影響でかいんじゃないか?
深刻な問題である。働く人の賃金や労働時間を調べる「毎月勤労統計」について、厚生労働省が誤った手法で調査していたことが昨年末に判明したが、今後、大きな影響を及ぼしそうだ。
「 厚労省が調査ミス」 『日本経済新聞』
厚労省が調査ミス 毎勤のこの問題,全数調査の公統計で一体なんなのですかね.これ,関係幹部は懲戒されるべき不祥事です.しかもこれ,相当長年にわたっての偽造ですよね.許しがたい.
1400箇所中500箇所のデータならそれほどずれたことにはならんだろうけど都合のいいとこだけ見たんじゃ? と疑われるのはしょうがないか
また毎勤か。真相はわからないけど、ここ数年の厚労省の様々なミスは、業務量の増加に人員が追いついていないことが一因ではないかと思うところ。
毎勤統計、厚労省が調査ミス

日経は28日夕の記事で「調査ミス」と記述し、
"日本で働く人が受け取る報酬の総額を示す「雇用者報酬」などの算定にも使われ"
とGDP算定に用いるとは記していない。
従来どおりの算定手法で日本のGDP値がどうなのかは「対外的にも」重要なはず。
社労士試験勉強で統計、特に『毎月勤労統計』は鉄板…ぶっちゃけ自分は苦手だったりするが、厚生労働省が誤った手法で調査してたことが判明、この統計を元に算定とかもあるため今後の展開に注目。
作為的だったんぢゃ
厚労省が調査ミス
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR