TOP > 社会 > ソフトバンク、エヌビディア株を売却か 通信社報道  :日本経済新聞

ソフトバンク、エヌビディア株を売却か 通信社報道  :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2018-12-12 07:12 | 日本経済新聞キャッシュ

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ブルームバーグ通信は11日、ソフトバンクグループが2019年の早い時期に画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアの株式を売却する計画だと伝えた。仮想通貨の採掘(マイニン...

Twitterのコメント(21)

ソフトバンク、画像処理半導体(GPU)大手エヌビディア株を売却か
この買収劇、この前に買収したARM社の件も有り「ソフトバンクに半導体業界が牛耳られたら混乱を招く」と危機感持つ人もかなりいたが、売却は大歓迎。所詮こんな程度の買収だったのかと安堵感が漂う。ついでにARMも売却したらいい。
えっ?もううっぱらったの?投機的な保有だったんかな、何の目的だったんだろう。CPUも買ってたから完全自前のスマホでも作るのかと思ってたのに。
ソフバいろんなところの株いっぱいもってんなー
マイニング熱が一気に冷めた後のRTX果たしてどうなる? »  (写真=ロイター) :日本経済新聞
(・ω・) マイニング需要を見込んでの先行投資だったが遂にソフトバンクも仮想通貨を見限ったんだなぁ…
謎の半導体企業nVidia株を売っちゃうのか
売り先次第では、セキュリティ上、極めて問題。
仮想通貨の採掘(マイニング)需要の停滞などから、エヌビディア株の下落が続いているため。
売却により、30億ドル(約3400億円)の利益を得られる可能性があるという。ただ売却の最終決定にはいたっていない
早くも利確に動いたか。これだから。。。。
「 通信社報道」
armも持ってるし仮想通貨終わりそうだからこのタイミングでキャッシュ確保しようってことかな?
仮想通貨は自分関係ないし、グラボの価格が落ちるならじゃんじゃん売却してくれたまえ
機械学習も独自チップフェイズに移行したので、出番がなくなるかね.
仮想通貨の採掘(マイニング)需要の停滞などから、エヌビディア株の下落が続いているため…借金漬け企業はさすが機を見るに敏だな
短期のマイニング需要とは別に長期的にみても は表の華やかなイメージと異なり、自動車など向けの量産ベースの実装では苦戦している。さもありなんという話。
ふむ。先が見えてきたか。
GPUブーム、完全に終わりですね😅
仮想通貨の採掘(マイニング)需要の停滞などを背景に株価下落が続く、画像処理半導体(GPU)大手NVIDIA(エヌビディア)。ソフトバンクグループが2019年の早い時期に持ち株を売却する計画だと報じられました。
今売っても黒字なのね。Uberの上場の話といい、ソフトバンクは利益確定モードにシフトしてるのだろうか。
米ブルームバーグ通信は11日、ソフトバンクグループが2019年の早い時期に画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアの株式を売却する計画だと伝えました。
以上

記事本文: ソフトバンク、エヌビディア株を売却か 通信社報道  :日本経済新聞

関連記事