TOP > 社会 > 名刺管理のSansan、日本郵政系などから30億円調達  :日本経済新聞

名刺管理のSansan、日本郵政系などから30億円調達  :日本経済新聞

名刺管理サービスのSansan(東京・渋谷)は5日、日本郵政キャピタル(同・千代田)などから約30億円を調達した。近く個人向けの名刺管理サービスを刷新する予定で、事業拡大費用に充てる。新たなサービス...

ツイッターのコメント(11)

バリュエーション1000億超えてるんだ
弊社も利用しています!とても便利で助かってます;;
「名刺管理のSansan、日本郵政系などから30億円調達」 
>外部から資金調達を始めた2013年以降、累計で約114億円を調達 / 今回の資金調達で企業価値は1000億円超となり、ユニコーン企業(未上場で企業価値が10億ドル=1100億円=超)に近い水準になったもよう
まだ掘る!!すごい! /
SanSanまだ赤字掘る気なのか…すごい… >
日本郵政キャピタルとT Rowe Price、DCM、SBIインベストメントから調達。
T Rowe Priceって日本でも未上場投資始めるのか。
名前をかっこよくした名簿屋かな
どう収益化すんの→“近く個人向けの名刺管理サービスを刷新する予定で、事業拡大費用に充てる” / “名刺管理のSansan、日本郵政系などから30億円調達  :日本経済新聞”
「近く個人向けの名刺管理サービスを刷新する予定」

現状、色々分かりにくいからな。
どんな風になるのか楽しみ。
いやもう名刺持つの面倒だなぁ
日本郵政キャピタルと米運用会社のTロウ・プライスが新たに株主となったほか、SBIインベストメントと米DCMベンチャーズが追加出資した。事業拡…
以上
 

いま話題のニュース

PR