トルコ原発、建設断念へ 三菱重工など官民連合  :日本経済新聞

政府や三菱重工業などの官民連合がトルコの原子力発電所の建設計画を断念する方向で最終調整に入った。建設費が当初想定の2倍近くに膨らみ、トルコ側と条件面で折り合えなかった。トルコでの原発新設は日本政府の

ツイッターのコメント(226)

役人のあだ名・・・しつこいバカ(有吉風)

 三菱重工など官民連合:日本経済新聞
11年の東日本大震災を受けて、安全対策費が大幅に上昇し建設費が当初想定の2倍近くになった。

…津波で地下の非常電源喪失しメルトダウンしたはずなのに、安全対策で建設費2倍になるなんて皆騙されてませんか?
原発もガラパゴス…
世の中的には、原発は危険てことになってんのよね。日本国内は、何故か再起動を進める流れが強くなってるけれども、自分が生きてる間問題が起こらなければいいとでも思っているのかしらね。
これ、日本の某アベ氏が「核廃棄物は日本が引き取るから安心して原発買ってね」って交渉してた案件でしょ。

廃止になってよかった〜
これ↓はホント良かったです🤗
ホント申し訳ないなぁと思った
トルコのレディのかたが日本にわざわざみえて、
「トルコに原発を売らないで!」っておっしゃってたもんね?
朗報だね。海外での原発受注が潰れて原発産業が息づまれば、財界とて
脱原発に舵を切らざるを得ないだろう。 三菱重工など官民連合:日本経済新聞
すでに伊藤忠が手を引いていたからなあ。 / “ 三菱重工など官民連合  :日本経済新聞”
原発産業なんて、どんどん立ち行かなくなればいい。
原発のコスト競争力低下>「国際エネルギー機関(IEA)によると、原発の新設投資は17年に90億ドル(約1兆円)と16年に比べて7割減った。安全対策費が大幅に増えるなど、他の発電に対するコスト競争力が低下しているのが実情だ。」 三菱重工など官民連合
 
PR