TOP > 社会 > 米年末商戦序盤 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調  :日本経済新聞

米年末商戦序盤 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-11-27 18:24 | 日本経済新聞キャッシュ

【ニューヨーク=平野麻理子、河内真帆】22日に始まった米年末商戦で実店舗が苦戦している。調査会社リテールネクストによると、開始2日間の実店舗の売上高は前年より4~7%程度減った。一方、ネット通販は2...

ツイッターのコメント(11)

消費の主戦場は広大なショッピングモールから手のひらの機械に移りつつある。
スマホの普及が、僕たちの時間と手間の効率化を図る一方で、小売業など様々な業界で価格競争、実店舗からネット通販への移行を強いている。
 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調:日本経済新聞
時代の流れですな……。
思うところあり。デジタル世代が高齢者になる頃、老舗の小売業は本当に終わりだろうな。デジタル機器がネット通販の上位に並ぶのは理解できる。実際に手に取ってみたい衣料やジュエリーはどうなんだろう?
皆様おはようございます🍀
本日も宜しくお願い致します
 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調:日本経済新聞
実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調: 日本経済新聞
22日に始まった米年末商戦で実店舗が苦戦しています。調査会社リテールネクストによると、開始2日間の実店舗の売上高は前年より4~7%程度減りました。
▶米年末商戦、リアル店舗の人影まばら ネットは2割増:日本経済新聞
そもそもリアルでしか買えない物って何?
「開始2日間の実店舗の売上高は前年より4~7%程度減った。一方、ネット通販は2割程度増え、中でもスマートフォン(スマホ)経由の注文が急増している。」 /  実店舗は減収、ネットは2割増: 日本経済新聞
商品を実店舗で見て買うのはネットの人もいるし
○米の年末商戦 現代を映す鏡か

22日に始まった米年末商戦で実店舗が苦戦。開始2日間の実店舗の売上高は前年より4~7%程度減少。ネット通販は2割程増加、中でもスマホ経由の注文が急増。商戦全体では前年を上回る見通しだが、消費の主戦場は手のひらの機械に移りつつある。
以上

記事本文: 米年末商戦序盤 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調  :日本経済新聞

いま話題の記事