TOP > 社会 > 千代田化工、工期遅れで巨額損失 米労働者が流出  :日本経済新聞

千代田化工、工期遅れで巨額損失 米労働者が流出  :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2018-11-26 15:13 | 日本経済新聞キャッシュ

上場企業の2019年3月期は純利益が前期比1%増となる見通しで、増益率は前期の34%台から大きく縮小する。米国をめぐる貿易摩擦や人手不足など逆風が吹くものの、経営判断の甘さも目立つ。業績の発表がネガ...

ツイッターのコメント(12)

6366 千代田化工建設

今日の最悪の地合いで何故上げる?
継続企業中期銘柄に指定され、上場廃止懸念もある中で。
歴史は繰り返すのか?
「3カ月で労働者の半分は辞めていく。生産性が上がるはずがない」。
なぜすぐやめるのか?なぜか書かれない。デスクワークしてる人間にボーナスやりすぎじゃないの?価値がある人間は作れる人間。管理する人間ではない。
キャメロンの追加費用は8月に見込んでいた年50億円から850億円へ急増。19年3月期の最終赤字は1050億円と過去最大になる見込みだ。
「3カ月で労働者の半分は辞めていく。生産性が上がるはずがない」。千代建は2018年4~9月期に…
プラント建設は1つ遅れるとこんなに追加で費用がかかるんだなぁ。
現場監督のストレス半端ないだろうな。
米労働者が流出: 日本経済新聞

賃金上げろやwwwwww
●ネガティブサプライズ企業検証

1回目は米ルイジアナ州のLNG基地「キャメロン」のプラント建設で巨額損失を計上した千代田化工建設。技術者不足による工期遅延響き追加費用は8月見込みの年50億円から850億円へ急増。19年3月期の最終赤字は1050億円と過去最大になる見込み。
今年は折しも、メキシコ湾岸では17年夏に上陸したハリケーン「ハービー」の被害からの復興工事が本格化。作業員を確保しようにも、トランプ政権が移民規制を強化したことでメキシコ人労働者などの確保に苦戦した。千代建が人手不足に直接対応する手段はほとんどなかった」
さてこうした事態を把握して収益に結びつけるには何をどこまでやるべきか
ちゃんとした仕事するアナリストとの連携密に、って個人じゃなあ...
以上

記事本文: 千代田化工、工期遅れで巨額損失 米労働者が流出  :日本経済新聞

いま話題の記事