TOP > 社会 > 「悪役」ペンス氏、中国に圧力 トランプ氏と役割分担 (写真=AP) :日本経済新聞

「悪役」ペンス氏、中国に圧力 トランプ氏と役割分担 (写真=AP) :日本経済新聞

12コメント 2018-11-19 06:34  日本経済新聞

【ポートモレスビー=鳳山太成、永井央紀】日米中など21カ国・地域が参加し、パプアニューギニアで開いたアジア太平洋経済協力会議(APEC)は18日、2日間の協議を終え閉幕した。米中が通商政策を巡り鋭く

ツイッターのコメント(12)

一枚岩でない米政権を、さも一体であるかのように報道する 新聞。「トランプ政権としては強面のペンス氏を送り込むことで中国に強い圧力をかける」  トランプ氏と役割分担(日経)
ペンス氏はいつもにこにこしてトランプ氏の傍に立っているだけかと思ったら、意外と芯がありそうで頼もしい!👍🏼👏🏼🇺🇸
( ´_ゝ`)フーン本物の悪、独裁者はシューキンペー氏よね。ペンス氏は実務を担当。トランプ大統領はマスコミとアンチの口撃受け役。中国目線の日経さんには悪役なんでしょうね(´∀`*)
トランプ氏と役割分担: 日本経済新聞
独裁国家に対しては、相手のトップ、この場合はトランプさんと直接交渉しさえすれば、なんとかなると思わせるのは、交渉テクニックとしてはアリなんでしょうね…自分たちがそうであるから…
読んでおきたい。 /
ペンス副大統領が徹底的に中国を叩き、今月末の会談で、トランプ氏が習氏から譲歩をしぼり出す。厳しい対中政策は変わらないとしても、そんなディールはあり得る気がします
アジア太平洋経済協力会議(APEC)は18日、2日間の協議を終え閉幕しました。 米大統領の代理として出席したペンス米副大統領は、中国を相手に徹底的に悪役(ヒール)を演じました。
▶︎
政治プロレスはヒールしかいない。
貿易から南シナ海、人権まで中国を激しく責め立て、悪役(ヒール)を演じたペンス米副大統領。取引(ディール)を重視するトランプ大統領と役割分担し、決定的な対立を避けながら硬軟両様で譲歩を迫っています。
皆様おはようございます🍀
今週も宜しくお願い致します
「中国は習氏とトランプ氏が直接話し合うしかないとの判断に傾いている」との記述。これが米国の作戦でしょうか ーー
11月末に爆上げくる📈

 トランプ氏と役割分担: 日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR