太陽光パネル、台風・豪雨に弱く 経産省は規制強化へ  :日本経済新聞

豪雨や台風で、太陽光発電パネルが破損する被害が相次ぐ。2018年は少なくとも全国44カ所の太陽光発電所が被災した。設備が斜面から崩れ落ち、二次災害を起こしたケースもある。11年の東日本大震災後に全国

ツイッターのコメント(16)

今回の大雨で"太陽光パネル"というごみが大量発生しましたよね。それについては触れないのですか
@kujira0827

昨年の大阪台風での被害を考えると注意が必要。
飛ばされたパネルが人に大怪我させるリスクもある。
「安全という思い込みがあった」いや正しくは「マスコミが安全だと思い込ませようとしていた」だろ?色んな危険性は以前から指摘されてたし、TV以外も見てる人達は知ってたよ?(2018/10/31 記事。)>
太陽光発電に限らず、先の大型台風で屋根材等、外回りの被害が多発し、リフォーム業者は修繕で大忙しのところが多いらしい。
これはもう品質、施工共に更に技術力を成熟させていくのみ。
経産省は規制強化へ」

・今後、住宅の購入を考えている人は、太陽光パネルを設置について、よく考える必要がある。
・「ガイアの夜明け」
台風による発電装置について取り上げていたが、ぜひ、一般化して欲しいものである。
そうだそうだ、災害に弱いメガソーラーはやめて欲しい。
霞が関の連中は国民が困窮しても知らん顔なのに、不作為を批判されるやいなや仕事してるように見せるところがずるい >
規制は必須。民主党政権のあしき置き土産。→
色々大変そうだな管理が→
太陽光パネルはかけらになっても発電するんですね。
「太陽光パネルが土台ごと吹き上げられ、上の道路を塞いだ。

電柱1本が折れて高圧線が断線、周辺の延べ510戸が最大6時間40分停電した。撤去完了まで6日間」

そりゃ規制かける
そりゃあんなデタラメな施工だもの(´・ω・`)
経産省は規制強化へ
○太陽光パネル 規制強化へ

経産省は10月に基準を見直し、設計段階で従来より最大2.3倍の風圧に耐えられる能力が必要だとした。

更に下記の検討も始めた
▽斜面では平地より厳しい設置基準の適用
▽50キロワット未満の小規模設備の監視強化
写真は足場管で代用した架台に見えるね。キチンと構造計算した架台もあるので、キチンと調査した上で報道しなはれ。

太陽光パネル、台風や豪雨に弱く
以上
 
PR
PR