TOP > 社会 > 西沢潤一さん死去 半導体の世界的権威  :日本経済新聞

西沢潤一さん死去 半導体の世界的権威  :日本経済新聞

28コメント 登録日時:2018-10-26 15:48 | 日本経済新聞キャッシュ

半導体や光ファイバーなど電子工学の世界的な権威で、東北大学学長などを務めた西沢潤一(にしざわ・じゅんいち)さんが10月21日、死去した。92歳だった。連絡先は東北大学広報室。告別式は近親者で行った。...

Twitterのコメント(28)

ミスター半導体か。
すごいなあ。すごい先輩だ。
知らなかった。ご冥福をお祈りします。 >
これだけは、シェアしておきたい。
独創、の魂を。
平成最後の年に色々訃報を聞くにあたって、平成という時代が一つの区切りになるのかなあ・・。という予感がする。
かつてノーベル賞という声もあったが、、、お亡くなりになったのか。
ご冥福を。
小さい時に祖父の本棚にあった西沢教授の『愚直一徹』を読んで、理系の研究者という仕事についてや、発光ダイオード、というものを知った。
ノーベル賞ととるべき人やった…。
謹んで、お悔やみ申し上げます。
西沢先生、長い間後進の御指導有り難う御座いました。深謝と共に御冥福をお祈り申し上げます。
著書「独創は闘いにあり」
が高校の頃、夏休みの読者感想文の
課題本の一つになってた。
いや、読んだ記憶はあるのに
提出した記憶はない(あれ?)
母校の元総長で、イランに研究留学するときに奨学金を出してくれた財団のトップがミスター半導体。RIP。
自分がまだ宮城にいた頃、よく西澤(”さわ”はこっちだよな)さんの業績がニュースになっていて名前も業績も知っていました。晩年に首都大学東京の学長になってあれ?って思ったけど。
ご冥福をお祈りいたします。
ノーベル賞級な御仁でした.お悔み申し上げます
日経★ 半導体の世界的権威
ノーベル物理学賞にはリストされていないものの、国内で彼ほど世界に知られた研究者はいないのでは。それほどに突出していた。
東北大は大学葬で送ってもおかしくないのでは。
母校OBだったなあ
ご冥福をお祈りいたします。
ご冥福をお祈りします/
光ファイバー。斬新すぎて特許局が理解できず、特許が取れなかったとか。
これで長距離の直流送電は、もう継ぐ者はいないのかも。
文字通りに雲の上の存在なのに、不思議とお見かけすることの多い方でした。
ご冥福をお祈りします。 /


合掌
西澤先生の訃報によせて…第5回大会の東北地区大会で西澤先生にボールの取り込み機構を褒めて頂けた事をスタッフで喜んでいました。当時既に世界的権威の科学者だった西澤先生に評価して頂けたのは、四半世紀が過ぎた今でも我々のささやかな誇りであります。合掌。
マジか… 良い歳だしなぁ、卒業式で見た時とだいぶ印象が変わってる(10年以上前)。お悔やみ申し上げます。 / “ 半導体の世界的権威”
この方がいなかったら、1985年開催の筑波科学万博の出し物はなかったと言える程。
1970年の大阪万博が「通信の構想」なら1985年の筑波万博はパソコン通信が登場した頃でもあり「通信の具現化」だったから。

 半導体の世界的権威  :日本経済新聞
そうですか・・・・御冥福をお祈りします。
追悼 西沢潤一先生🚀
日本のこれからを担う頭脳だった🚀無念也🚀
西澤先生の訃報が・・・
半導体を学んだ者としてその輝かしい実績もさることながら、とても前向きなお人柄を大変敬愛しておりました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。(悲
西沢潤一さんが亡くなった。いつも候補に挙がってたノーベル物理学賞を取ってたら東北大から2人目の受賞者になっていたのに。合掌。
ご講演のとき、スライド1枚で1時間近くお話され、素晴らしい内容でシビれたのが忘れられません。合掌 西沢潤一氏死去
以上

記事本文: 西沢潤一さん死去 半導体の世界的権威  :日本経済新聞

関連記事