TOP > 社会 > サムスン・NEC、5G基地局で提携 中国勢に対抗  :日本経済新聞

サムスン・NEC、5G基地局で提携 中国勢に対抗  :日本経済新聞

韓国サムスン電子とNECは次世代無線通信規格「5G」向け基地局の開発・販売で提携する。製品を分担して開発速度を上げ、まず5Gの実用化が近い日米市場を開拓する。米国などで世界最大手の華為技術(ファーウ...

ツイッターのコメント(15)

失礼、NECはサムスンとでしたね。まあ韓国にいきゃダダ漏れでしょうから大差ないでしょうけど。
“ 中国勢に対抗”
米国などで世界最大手の華為技術(ファーウェイ)など中国製品の調達を制限する動きが広がっており、世代交代を機にシェア拡大を狙う。
▪世界の基地局シェア
ファーウェイ27.9%
エリクソン26.6%
ノキア23.3%
ZTE13.0%
サムスン3.2%
NEC1.4%

日経
あらま
がんばえーーーー!!!🌬☘️✨
サムスンNEC合わせても本当にごくわずかなんですね。
これらに機能的な差はあるんですかね。 /  中国勢に対抗 (日本経済新聞)
日本経済新聞

またこいつは…
こうして見ると、弱者連合なのな。戦略としては間違ってないとしても、資本力で負けるだろう。残念だが。

 中国勢に対抗
NEC、なんかオリジナリティあんの🚀買収されたいんじゃね🚀
NECはバカなの?
米豪州などが中国通信大手を締め出すなか、その穴を埋めるのはどこか。無線基地局はいま、中国勢が世界の4割を占めますが、日本勢にも挽回のチャンスがあるかも知れません
いいよ提携しなくて。NECは携帯事業が儲からずに撤退したろうが。
4Gではファーウェイと中興通訊(ZTE)がシェア伸ばしたが、両社に米中問題は逆風。世代交代時にシェア変動が激しい市場で、5Gはどこがシェア伸ばしてくるか?
サムスンとNECが次世代無線通信規格「5G」向け基地局で提携、米国等で規制されたHuaweiからのシェア奪取を狙う。
以上
 

いま話題の記事

132コメント 5 時間前 - note
PR