TOP > 社会 > ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で (写真=ロイター) :日本経済新聞

ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で (写真=ロイター) :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2018-10-03 19:35 | 日本経済新聞キャッシュ

スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を、米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド教授(62)、米ミズーリ大学のジョージ・スミス名誉教授(77)、英医学研究会議のグ...

Twitterのコメント(12)

アーノルド先生がノーベル化学賞受賞
本庶さんの功績もとても嬉しいけど、こちらもぜひ取り上げられたら嬉しい!
タンパク質の話してたらタンパク合成にノーベル賞出てたw
@DFK310 この日経の記事によると、受賞された3氏の功績は以下のように書かれていました。


・アーノルド氏:「指向性進化法」を利用、酵素の機能を目的に応じて高めることに成功
・スミス氏:ファージディスプレイ手法を開発
・ウインター氏:これを医薬品などに使う抗体の作製に応用
化学賞日本無理だったか~。残念。
今年のノーベル賞は有用性の比重が高めな感じだな。
/ たんぱく質改良手法で (写真=ロイター) :日本経済新聞
たんぱく質を人工的に改良する手法を開発し、創薬など幅広い分野で応用が進む功績を評価した。
なんとなくわかった。対象が1人と2人に分かれてるのね。>
おめでたい!
たんぱく質改良手法で: 日本経済新聞 簡単ながら解説がついていて良い
ノーベル化学賞 米英の3氏に、たんぱく質改良手法改良:日本経済新聞
指向性進化法とかファージディスプレーとか専門外ゆえ知らぬことばかり
以上

記事本文: ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で (写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事