TOP > 政治・経済 > 物品貿易協定の交渉開始 日米首脳会談 車関税は当面回避 (写真=AP) :日本経済新聞

物品貿易協定の交渉開始 日米首脳会談 車関税は当面回避 (写真=AP) :日本経済新聞

 【ニューヨーク=地曳航也】安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、ニューヨーク市内のホテルでトランプ米大統領と約1時間15分会談した。農産品などの関税を含む2国間の「物品貿易協定」(TAG)...

ツイッターのコメント(22)

なるほど、二国間交渉という名を与えて、関税を上げさせないという実を取ったわけね。更にサービス金融条項を無くしたTPPにアメリカを巻き込ませる。物の売り買いしか興味のないトランプ大統領向けの対策なのね。
安倍首相は㏹、トランプ米大統領と約75分会談した。農産品などの関税を含む2国間の「物品貿易協定」の交渉開始で合意。協議中は米政府が自動車への追加関税は発動しないことで一致。米側の高関税措置を当面回避した
農産品などの関税を含む2国間の「物品貿易協定」(TAG)の交渉開始で合意した。日本政府の説明では、協議中は米政府が自動車への追加関税は発動しないことで一致。米側の高関税措置を当面は回避した。
安倍内閣こそ日本最大の国難、その片棒を担ぐメディアは民主主義の障害:
アメリカはFTAの枠組みで合意実現し、ネゴが成功したとマスコミも伝えているが、日本の首相はF TAでないと日本にだけ向けて発言。また、裏取引で売国行為。
◇「 記事引用 」
 
  政治
 2018/9/27 9:55

 ///// 引用ここまで /////
「物品貿易協定」など所詮ゴマカシで、事実上FTAでしょ?
なんでもかんでもトランプの望み通り。TPPよりも二国間FTA。
事実上の二国間FTA。共同声明では、交渉のメドがたった後、投資などの分野についても2国間交渉を始めるとしている。日本政府は「二国間FTAではない」というが苦しい説明。
この一件、不愉快さが残るのは、とどのつまり日本が譲歩ばかりしっているからか。トランプにいわせると「北朝鮮マターでたっぷり協力してやってる」ことになるのだろうが。
「日本が課税している輸入農産品への関税引き下げは、TPPと同レベル」
というのは米国はTPPに参加していないからか・・・

自動車への追加関税は、今は発動しないというだけで、米国内での手続きが済めば、すぐに交渉材料にされる
協議終了後直ちに上がるんじゃないの?
印象操作でもしてるんですか?
 (写真=AP):日本経済新聞
← トランプのご機嫌伺い協定にしか見えないな。そんなにいっぱい貿易協定結ばんでもよかろうに、役所の仕事をムダに増やすだけなんじゃないの?
前評判とは異なり、貿易赤字に対するトランプ大統領の日本と中国との対応では、その差が歴然で。互いに生かさず殺さずの落とし所を模索し着地したと言う印象。
新聞はもちっと説明入れろや。TPPはEPAの一つ。つまりTPP水準までしか交渉しないってこと。/


首相は会談で、農産品の扱いについて、過去に結んだ経済連携協定(EPA)水準までしか下げない方針を伝えた。
FTAとの相違は、サービス・金融関係は貿易交渉から切り離せたこと。その代償として酪農・農産物の自由化がテーブルに載ったこと。痛み分け?
(写真=AP):日本経済新聞
完敗ですね。最終防衛ラインだったはずのTPPを容易く突破された(むしろ自ら放棄した)。アメリカは農産物分野等TPPの「都合のよい」項目だけを選択できる。
安倍政権は必死で自動車関税の引き延ばしを図っている。余りにも自動車産業に頼りすぎている産業構造の欠点が顕わになってきている。
相手が相手だけに油断はならないが、中間選挙前に結果が欲しいトランプからリーズナブルな条件を引き出せて良かったんじゃないか。中国に集中したいだろうから、早く片付けたいと向こうも思っていただろうし
~茂木経財相によると首脳会談で為替や自動車輸出の数量規制などの議論はなかった、と記事は伝えている
TAGって、FTAだよね。協議が終わったら関税が上がる?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR