TOP > 社会 > アンドロイドに人権はあるか AI進化が迫るルール  :日本経済新聞

アンドロイドに人権はあるか AI進化が迫るルール  :日本経済新聞

 人工知能(AI)の普及を見据え、国内外で開発や利用のルールづくりが活発になってきた。将来AIを搭載し、人間のように自律的に動くアンドロイドが登場すれば、社会に与えるインパクトは大きい。「AIを使って...

ツイッターのコメント(26)

AI進化が迫るルール

立憲民主党に投票するようなリベラルは、「AIに人権はあるのでは?」と問題提起しては?

それがリベラルとしては正しい態度だと思います。実際には彼らは特定団体の利権獲得が目的で、AI擁護はしないでしょうね。
AIが賢くなってきたときにすぐ「人権」の話が出てくるけど、まずは「動物」のようなものとして考えるのが真っ当ではないか。
「女は機械に感情移入できるのか?」

me too bbaやレイプ撲滅bba
の出番だね
報道部TOPICS(コンテンツ)
ポイントはプライバシー、著作権など
いつの日かある種のロボットに人権を認める日が来るだろう。選挙権はないだろうけど。ペットや家畜、野生動物にも人権に準ずるような権利が与えられると思う。
ロボット自体が責任主体となれるよう法的な「電子的人格」を付与することが提案されている。
スマホのOSではないAmadeus(シュタゲゼロ)の方 /
故人の代わりに演劇を「アンドロイドが演じるとなると、(1)故人の生前や遺族に許可を得ずに作ることが肖像権やプライバシーの侵害にあたらないか(2)AIを搭載したアンドロイドが独自に創作・実演したものの著作権などの扱いはどうするのか――などが問題になりかねない。」
アンドロイドに人権か。 ……
アイザック・アシモフの時代になってきた。生きている間にこんな状況が検討されるようになるとはなあ。
AIが作った著作物は大量に作られるた場合に困ったことになるし、難しいね。

【  :日本経済新聞】
電気羊の夢くらいは見させてあげてくださいw

デトロイトじゃん
「AIを使って歴史上の人物を再現して良いのか」「AIが事故を起こしたら、その責めは誰が負うのか」。国や専門分野の垣根を越えて、様々な提案が出てきている。
責任を負えるものが権利を持つ、で統一しよう。義務はちょっと別。でも火の鳥や鉄腕アトムは事例参考と出来るかな?
人間でない物に人権も何も、なんでそんな考えに?機械や道具同様に使用者、製造者責任で。
いよいよ現実がSFに近付いてきた感ある
近い将来、避けて通れないところやろうなぁ、、、

小説の世界ではあることだけど、人間はAIと共存出来る日が来るのだろうか?
「アンドロイドに人権」ついにこのワードが新聞に!
ゲームや映画の世界が現実になりつつある。
故人の人権侵害?と思いながらも心ではワクワクしてしまうのはなんでか。

「偉人の体と人格をアンドロイドとしてよみがえらせる権利」について考えるシンポジウムが開催された。
「AIを使って歴史上の人物を再現して良いのか」「AIが事故を起こしたら、その責めは誰が負うのか」。国や専門分野の垣根を越えて、様々な提案が出てきている。
国際宇宙法やサイバー法と並んで、法学の世界ではAIに関する法学は、新しい法の世界になるのだろう。技術革新に追いつけていない法学だが、新時代の法の在り方を模索する時代に来ているようだ。
AI進化が迫るルール:日本経済新聞
以上
 

いま話題の記事

PR