TOP > 社会 > スズキ、中国市場に「見切り」 インドから西をにらむ  :日本経済新聞

スズキ、中国市場に「見切り」 インドから西をにらむ  :日本経済新聞

スズキが中国での自動車生産から撤退する。4日、中国の自動車大手、重慶長安汽車との合弁事業を解消することで合意したと発表した。小型車を得意とするスズキは多目的スポーツ車(SUV)など大型が主流の中国市...

ツイッターのコメント(12)

@satosan1966 @Sankei_news スズキは経営陣が賢いんですね。

スズキ、中国市場に「見切り」インドから西をにらむ: 2018.9.4日本経済新聞
@takeuchikumiffy トヨタは止めてスズキにしよう!
@aporingyo スズキは中国から撤退してインドに集中すると。
規制の多い中国を諦めるのはとても大事な決断です
中国は最終的に自国企業を優遇するので、今のうちに撤退は大正解と考えています

スズキはレアコイルと同じ地で創業という点で共通点ありました
世界2位の米国市場に次ぎ最大の中国市場からも撤退、成長が続くインドやライバルが手薄なアフリカなどにかじを切る。
中国人はやたら車の話をするんだけど、大体話に上がるのはレクサスかBAAかな…スズキは一度も話に上がってきたことは無かった。
「成長が続くインドやライバルが手薄なアフリカなどにかじを切る」
スズキのラインアップにないEVが主流になる中国や、SUVなど大型車が中心の米国市場は勝ち目がないと見て。提携するトヨタとの協業を通じインドでEVの開発を進める
世の中AoCの経済版だと思えば、成熟した市場(ましてや自国以上)はサッサと捨ててミドル成長くらいの畑の需要を取りに行く方がラク。なんたって新しい事思いつく必要がない。
「スズキは中国と米国という世界1、2位の市場から実質的に撤退」「30年にインド市場が現在の3倍の1000万台に達すると見たうえで引き続きシェア5割を確保するために500万台を…」
素晴らしい! 多人口マーケットならばそれでよし。面倒なやり取りしているより、手付かずのマーケットで頑張る方がやりやすいに決まってる。
ラインアップにないEVが競争の軸になる中国や大型車が中心の米国市場は勝ち目がない /  インドから西をにらむ: 日本経済新聞
…逆に力を入れるインドの乗用車シェアの5割を握る。
あえて大手が見向きもしなかった1980年代に進出、
現地の有力者との人脈を築きながら広げた販売網は
世界の大手の挑戦をうけても崩されることはなかった。
以上
 

いま話題のニュース

PR