TOP > 社会 > 筑波大、ダイバーシティーの修士号 21年にも  :日本経済新聞

筑波大、ダイバーシティーの修士号 21年にも  :日本経済新聞

 筑波大学は2021年度にも、ダイバーシティ(人材の多様性)に関連した修士号を設ける。ダイバーシティーの観点から経営学や社会学、生物学など幅広い学問を横断的に学ぶ修士課程で、国内では初めてとなる見通し...

ツイッターのコメント(12)

そしてこの3日後に、同じ大学の掛谷英紀先生は、「ダイバーシティはキリスト教文化への敵対者を増やし、西洋文明を破壊する」という説を表す謎の図をツイッターに投稿するのであった。
これできたら行きたい!!
21年にも:日本経済新聞 ダイバーシティを体系的に学べる場があるのはいいと思うけど、それで修士が取れちゃうほどのものなのか。どれくらい人が集まるのかな?
日本もどんどん進むといい
ん?ちょっと意味がわからない。
後で読みなおそ
これは興味深い。
多様性社会は、現実になってくる。その時どうするか?!
注目ですね!
21年にも:日本経済新聞 「ダイバーシティーの観点から経営学や社会学、生物学など幅広い学問を横断的に学ぶ修士課程で、国内では初めてとなる見通し」。へえ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR