TOP > 社会 > さらば株式市場、世界の上場企業数減少に転じる (写真=ロイター) :日本経済新聞

さらば株式市場、世界の上場企業数減少に転じる (写真=ロイター) :日本経済新聞

 世界的な資金余剰を背景に、企業と市場の関係が変わりつつある。非公開化を選ぶ企業が増え、世界の上場企業数は減少に転じた。証券取引所は上場企業をつなぎとめようとルール緩和に走る。長期的に見れば、世界の上...

ツイッターのコメント(38)

これから、上場、株式公開のハードルは下がる。

世界的な流れは止まらない。
こっちの記事には資金をたくさん必要としないIT系の会社が増えたせいで上場企業数が伸び悩んでいるとある
上場企業になることのメリット、これは、いわゆるスタートアップの資金調達の手段の一つとなりつつある。
と思います。
背伸びし続ける近視眼的な会社は減っていくなら良いことと思う。やっぱりちょっと資本主義が変わりつつあるんだろうな。|
米国では最多の96年からほぼ半減。

メリット
・短期の株価重視の投資家から解放され、経営の自由度が増す
背景
・低金利による金余りでファンドから資金を得やすい
・IT・サービス業はそもそも膨大な資本を必要としない。
こういう話を聞くと世の中の常識が少しずつ変わってるなと思う。 /
「経営の自由度が増した」「多額の資金を持つファンドの助けを借りることができれば、企業が資金調達のために上場にこだわる理由はなくなる」・・フィンテックによる銀行不要も拍車か。
さらば株式市場、世界の上場企業数減少に転じる:世界銀行や大和総研などによると、世界の上場企業数は17年で約4万5000社と、過去最高だった15年から500社超減った。
四半期決算、コンプライアンス、CSR等々、上場会社に求めるハードルが年々高くなり過ぎ…。。
世界的な資金余剰を背景に、企業と市場の関係が変わりつつある。非公開化を選ぶ企業が増え、世界の上場企業数は減少に転じた。
「中長期の視点で成長戦略を進めるうえで非公開化は有効」

めっちゃありそう
ソフトバンクがゲームチェンジャーになった感。 /
「非公開化を選ぶ企業が増え、世界の上場企業数は減少に転じた」「米国は、8000社を超え過去最高だった1996年からほぼ半減した」
「米国は、8000社を超え過去最高だった1996年からほぼ半減した」「上場企業数減少の背景には、短期志向の投資家や上場企業に課せられる厳しいルールを敬遠して自ら非公開化を選ぶ企業の存在がある」 / “さらば株式市場、世界の上場企…”
株式上場企業なら信用する。そんな常識も変わっていくのだろう。
"成長が期待されるのはフィンテックやシェアリングなどのサービス業が目立つ。

IT・サービス企業にとって重要なのは画期的なアイデアを生み出す人材で、市場から成長に必要な資本を調達するニーズが乏しい。"

株式市場自体が縮小傾向なら投資もクローズドになっていくのかな
日経がこんなタイトル記事を書くとはね。今じゃちょっと有名になった耳慣れない企業は大概一部上場企業になってるし、上場したい企業が少なくなっているからか。カネ余り時代と言うがこのままではカネも消失する
金余りで上場しなくても資金を集められるし、株式市場は短期筋で荒れている。資本主義の限界って感じよね。/
上場しなくても金を集める手段、色々出てきたしねぇ。

また、好きなことやりたいからって上場しない企業結構ある。
アウトドアブランドのモンベルがそんな会社なのでえらく気に入ってる。
テスラのマスクCEOのような、周囲の雑音に我関せず的な孤高の経営者すら「短期的な視点から解放する」と上場廃止を一時考えたくらいです。同様の会社が増えていることに違和感ないですが、本来は株式市場は長期成長のための場。決して近視眼的な投資家ばかりでないはずです。
カネあまりのご時世、上場の目的は成長資金の調達というより、むしろ会社売っ払って足抜けする手段。
資本主義は大きく変貌した。株式市場は企業が大規模資金を調達する装置だ。だが近年の企業は優遇税制の恩恵もあって大量の内部留保を持ち、もはや透明性を求める市場の縛りを受けてまで資金調達をする必要さえない。
後で読もう。
さらば株式市場、世界の上場企業数減少に転じる。
カネ余り時代 企業と市場の溝。
そうじゃなくて、市場経済が恐るべきカネ余りにより、成長の閾値を迎えたから。市場経済的には自ら上場廃止するとかあり得ない話。 / “ (写真=ロイター) :日本経済新聞”
非公開化を選ぶ企業が増え、世界の上場企業数は減少に転じた。証券取引所は上場企業をつなぎとめようとルール緩和に走る。世界の低成長化と成長資金需要の縮小があり上場企業数の減少は一過性ではない可能性がある
さらば株式市場、世界の上場企業数
フィンテックで今後加速しそうな予感しますね
長期的に見れば、世界の上場企業数は実は2000年代半ばから伸び悩みが鮮明となっている。
世界銀行や大和総研などによると、世界の上場企業数は17年で約4万5000社と、過去最高だった15年から500社超減った。なかでも米国は、8000社を超え過去最高だった1996年からほぼ半減した。
弊社、2022年に東証マザーズに上場を予定しておきますが、
トレンドを再度見直す必要性を感じています。
「世界の上場企業数は17年で約4万5000社と、過去最高だった15年から500社超減った。」
なぁ、言った通りだろ
株式市場よ さようなら
暗号資産市場よ こんにちは

 (写真=ロイター):日本経済新聞
また日経のご都合解釈。中国などアジアが増え、欧米が減ってるだけ。なのに全体的減少とわ?その根拠が世界的金余りだと。よほど緊縮したいんだな→
加えて、ICOが整備されて解禁されたら、IPOの意味はほとんどなくなるということ。投資は自己責任と完全なる透明性を整備したディスクロージャーの企業努力で株式市場は必要なくなる。証券会社も。。。
>「短期の株価を気にする投資家が増え、中長期の成長を考えたい経営者との乖離(かいり)が大きくなっている」(カーライル・ジャパンの大塚博行マネージングディレクター)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR