TOP > 政治・経済 > 7月の貿易赤字2312億円、対米輸出落ち込む  :日本経済新聞

7月の貿易赤字2312億円、対米輸出落ち込む  :日本経済新聞

10コメント 登録日時:2018-08-16 12:04 | 日本経済新聞キャッシュ

 財務省が16日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を引いた貿易収支は2312億円の赤字だった。自動車や半導体関連、鉄鋼の対米輸出が振るわず、2カ月ぶりの赤字となった。...

ツイッターのコメント(10)

貿易収支は生活に反映しそう。米国の関税がもろ聞いているには雨に見える。
対米輸出がダウンへ・・・。
>鉄鋼の対米輸出が振るわず、2カ月ぶりの赤字

思いっきり関税の影響出てるじゃねーか。無能の世耕をはよクビにしろ
原油を買いすぎなんだよ。
7月の貿易赤字2312億円、対米輸出落ち込む: 日本経済新聞
対米輸出減なんて大した事無くてエネルギー輸入コストの増大が赤字の最大要因だろう。不正確なヘッドライン付けて日経は何を言いたいんだ。
「資源価格の上昇で原油などの輸入額がかさ上げされたのも貿易赤字につながった。」
輸出3.9%増 輸入14.6%増
大変だ大変だ!!!
┐('A`)┌ 意味分からん?
7月の貿易赤字2312億円、対米輸出落ち込む: 日本経済新聞
自動車や半導体関連、鉄鋼の対米輸出が振るわず、2カ月ぶりの赤字となった。資源価格の上昇で原油などの輸入額がかさ上げされたのも貿易赤字につながった。
以上

記事本文: 7月の貿易赤字2312億円、対米輸出落ち込む  :日本経済新聞

関連記事