TOP > 社会 > 中国ネット規制、迫る摘発の網 日本企業も対象に  :日本経済新聞

中国ネット規制、迫る摘発の網 日本企業も対象に  :日本経済新聞

14コメント 2018-08-19 17:21  日本経済新聞

 中国がサイバーセキュリティー法(インターネット安全法)の本格運用に乗り出した。ネットの管理強化を定めたルールで、個人情報や当局が定める重要データの保護を徹底し、国外へのデータの持ち出し規制を盛り込ん

ツイッターのコメント(14)

「国内にデータを囲い込む「データローカライゼーション」を前面に出した形だ。」 日本企業も対象に: 日本経済新聞
「海外企業はデータの中身を中国当局に見られかねないリスクを考慮する必要がある」
「一般的に中国の場合、法律に何も対応していなかったという理由で唐突に摘発される場合も多い」
先日、弊社代表の家本とコンサルタントが取材を受けたものが記事になりました。最後に一言だけコメント載ってます🤗
何をどこまでどうやればいいのかがよくわからんこう言うのは厄介です。 〜
中国国内の情報は国営企業発信のものに限るとかなりそうでおびび。個人の写真も規制とかなればもう無理ぽ。
今後関連する指針も相次いで整備される見込み。「上海や広州の日本企業の中国拠点が、当局から立ち入り監査を受けるケースが相次いでいる」。インタ…
データ保護という名の「統制」ですね。都合の悪いやつにはすぐに手入れが入る。脱出するべき!!
日本企業も対象に: 日本経済新聞

個人情報や当局が定める重要データの保護を徹底し、国外へのデータの持ち出し規制を盛り込んでいる
いろんな意味でリスクを感じますよね。
ネット規制どころか資金の持ち出しも極めて困難。
さあ、いよいよ中国の本性が… ⇒
「金融機関やエネルギー関連など『重要情報インフラ運営者』と定めた企業には、個人情報と重要データの国外への持ち出し(移転)を規制…国内にデータを囲い込む『データローカライゼーション』を前面に出した形だ」

中国ネット規制、日本企業にも迫る摘発の網:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR