TOP > 社会 > 筑波大など、iPS使わず心筋再生 遺伝子導入の新手法  :日本経済新聞

筑波大など、iPS使わず心筋再生 遺伝子導入の新手法  :日本経済新聞

24コメント 2018-08-10 01:29  日本経済新聞

 筑波大学の家田真樹教授らは、iPS細胞を使わず心臓細胞の再生につながる新しい手法を開発した。心臓病患者の体内に特定の遺伝子を入れ、正常な心筋細胞を作る。まだ基礎研究の段階だが、臨床研究が近く始まるi

ツイッターのコメント(24)

おお・・・
iPA細胞で心筋再生へ・・・。
心筋のダイレクトリプログラミング!
「細胞を直接リプログラミング」未来感がある |
ダイレクトリプログラミング
iPSが賑やかだったころも、それを使わずに幹細胞でなんとかかんとか言ってた研究者はいたし、細胞再生の手段は他にもきっとたくさんあるんだろうね。
「筑波大学の家田真樹教授」「ダイレクトリプログラミング」拍動しない線維芽細胞を心筋細胞に変えることができるのか.ほほー. |
ネーミングと内容がかっこよすぎ
病気じゃないけど俺もリプログラミングしてもらいたい
>>〝iPS細胞など万能細胞を使わず、患者の体内で病気の治療につながる細胞を直接作り出す技術は「ダイレクトリプログラミング」と呼ばれ、新たな再生医療として注目が集まる。〟
Tbx6 が中胚葉と心血管のspecificationに重要
「心筋梗塞などの病気では心筋細胞が減る一方、心臓の形などを保つ「線維芽細胞」という拍動しない細胞が増えてしまい、心臓の血液を送る働きが低下する。症状を改善するには心筋細胞を増やす必要があるが、再生能力はない」(8/10)
「心筋梗塞などの病気では心筋細胞が減る一方、心臓の形などを保つ「線維芽細胞」という拍動しない細胞が増え…」…そこで拍動しない細胞に遺伝子を入れて心筋細胞を作るのか
「医療]“iPS細胞など万能細胞を使わず、患者の体内で病気の治療につながる細胞を直接作り出す技術は「ダイレクトリプログラミング」と呼ばれ、新たな再生医療として注目” / “  …”
心臓病患者の心臓にカテーテルで、背骨を作る"Tbx6"という遺伝子を入れたところ、心筋細胞が増えた。
患者の体内で治療に必要な細胞を作り出す上記のような技術をダイレクトリプログラミングという。
分化誘導遺伝子をもってるくせにiPS細胞に頼るのは"甘え"ですよね。分かります。
不活性?
"気持ち"が足りないんじゃないかな😡
すごいなぁ。色々な技術がどんどん出てくる。
線維芽細胞に遺伝子を導入して心筋細胞を作るという新たな再生医療、5〜10年後の臨床応用を目指す:
「iPS細胞など万能細胞を使わず、患者の体内で病気の治療につながる細胞を直接作り出す技術は「ダイレクトリプログラミング」と呼ばれ、新たな再生医療として注目が集まる」・・・最適化っぽいな。
iPS細胞を使わず心臓細胞の再生につながる新しい手法を開発した。心臓病患者の体内に特定の遺伝子を入れ、正常な心筋細胞を作る
まだ基礎研究の段階だが、臨床研究が近く始まるiPS細胞を使う心臓病治療に比べて簡単で安価な再生医療になる可能性がある。5~10年後の臨床応用を目指す。
筑波大学の家田真樹教授らは、iPS細胞を使わず心臓細胞の再生につながる新しい手法を開発した。心臓病患者の体内に特定の遺伝子を入れ、正常な心筋細胞を作る。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR