TOP > 社会 > ハエ幼虫で肥料や飼料 福岡新興のムスカ、量産にメド  :日本経済新聞

ハエ幼虫で肥料や飼料 福岡新興のムスカ、量産にメド  :日本経済新聞

11コメント 2018-08-02 20:19  日本経済新聞

 「ハエの幼虫で世界の食糧危機を救う」。そんな目標を掲げるスタートアップ企業のムスカ(福岡市、串間充崇社長)が、ハエの幼虫を利用した肥料や飼料の大量生産に乗り出す。今年秋にも野菜の肥料や魚向け飼料で日

ツイッターのコメント(11)

なるほど〜。幼虫を堆肥化と飼料に使うんだな。面白いなあ。ただ、増えた特殊ハエ成虫の管理が難しそうだなあ🤔→ハエ幼虫で肥料や飼料 福岡新興のムスカ、量産にメド:
ハエ幼虫で肥料や飼料 福岡新興のムスカ、量産にメド:
ハエの幼虫を飼料にするらしい。そのうち、人間の食料にもなる?
「ウジ虫で世界の食糧危機を救う」。そんな目標を掲げるスタートアップ企業のムスカ(福岡市、串間充崇社長)が、ハエの幼虫を利用した肥料や飼料の大量生産に乗り出す。
ここは好みが分かれると思うけど、上場する時はユーグレナの時みたいに注目度を最小限にして上場して欲しい👍
いわゆる害虫の有効活用法。
ウジ虫に動物の排泄物などを分解させるのかと思ったが、肥え太らせたウジ虫そのものを飼料にするもの。
「ウジ虫で世界の食糧危機を救う」。そんな目標を掲げるスタートアップ企業のムスカ(福岡市、串間充崇社長)が、ハエの幼虫を利用した肥料や飼料の大量生産に乗り出す
ウジ虫で世界の食糧危機を救う」。そんな目標を掲げるスタートアップ企業のムスカ(福岡市、串間充崇社長)が、ハエの幼虫を利用した肥料や飼料の大量生産に乗り出す。今年秋にも野菜の肥料や魚向け飼料で、、
なんて効率的なんだ…
今年秋にも野菜の肥料や魚向け飼料で日産40トンの能力を持つ工場の建設地を決め、来年9月メドに量産を始める計画だ。いわゆる害虫を使った資源リサイクル事業は珍しく、採算性も含めて注目されそうだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR