TOP > 社会 > ロボアドに成長の壁 20~40代、余裕資金乏しく  :日本経済新聞

ロボアドに成長の壁 20~40代、余裕資金乏しく  :日本経済新聞

17コメント 登録日時:2018-07-19 01:35 | 日本経済新聞キャッシュ

 米国発の新しい金融サービス「ロボット・アドバイザー(ロボアド)」をご存じだろうか。コンピューターのプログラムが個人投資家に資産運用を指南するもので、日本では過去2、3年でウェルスナビ(東京・渋谷)や...

ツイッターのコメント(17)

“コンピューターのプログラムが個人投資家に資産運用を指南するもの”
最高執行責任者(COO)だった北沢直氏が3月末で退社していたことも判明した。新たな転職先は米国の仮想通貨交換会社大手のコインベースで、「ロボアドより仮想通貨の方が将来性があるということか」との声まで聞かれた。

優秀な人がクリプト界へ移る例はこれから増えそうだ
7/19の日本経済新聞にロボアド苦戦の記事が出ていた。

【若者はお金を持たないので普及しなかった】
とロボアドを率いた業界トップの人間が逃げ出してしまった。
ロボアドがスタートしてわずか3年足らずで。
ロボアド側が運用手数料1%だから結構きついよね。でも最近20代でも運用しようという動きが出てきているので良い傾向ではあるな。

 20~40代、余裕資金乏しく
なるほどねー
特に驚きはないけどな。運用資産1兆円行かないと手数料1%だと売上100億作れない。辛いビジネスよね。

 20~40代、余裕資金乏しく
別にそんな急いで成長する必要はないでしょ。着実に認知はされてきているから、このまま緩やかに拡大していこう。
「説明会を開くなどしているが、さほど知名度が高くないこともあって、営業効率は鈍りがち」とのことですが、これも事前に想定されていてし...
仮想通貨業界にはその世界観や将来性に魅力がありますし、ロボアドにも、貯蓄から投資の流れを推進する魅力があります。

ロボアドの苦戦を「...
ロボット・アドバイザーに成長の壁!
ロボアドの今後に注目。

 20~40代、余裕資金乏しく:日本経済新聞
こんな無能なロボアドなんかに任せる情弱なんていないでしょ
そりゃそうよ
私はウェルスナビをやってて今60,000円位の利益ですけどね。やっぱり情弱にはなかなかロボアドのことは伝わってないよね。

 資産1400億円で伸び悩み:日本経済新聞
以上

記事本文: ロボアドに成長の壁 20~40代、余裕資金乏しく  :日本経済新聞

いま話題の記事