TOP > 社会 > 異色の東大卒「医師起業家」が医療を変える  :日本経済新聞

異色の東大卒「医師起業家」が医療を変える  :日本経済新聞

 医師であり、起業家。2つの顔を持つ「アントレドクター」が増えている。医師がスタートアップを立ち上げる理由は、単に金もうけのためではない。医師ならではの視点で新たなビジネスモデルを提案し、患者や医療現...

ツイッターのコメント(15)

医療情報サービスのエムスリーが4月に実施した調査によると、医療機関の開業以外で「起業する予定」「起業したい」と答えた人は開業医で12.5%、勤務医で18.3%と5人に1人に上った / “異色の東大卒「医師起業家」が医療を変える …”
医師であり、起業家。2つの顔を持つ「アントレドクター」が増えている。医師がスタートアップを立ち上げる理由は、単に金もうけのためではない。医師ならではの視点で新たなビジネスモデルを提案し、患者や医療現場が抱える課題の解決を目指す。
貧しくなってきたからだね。
チョットだけ贅沢できる生活保護証としての魅力が薄れてきたのよ〜💕
異色の東大卒「医師起業家」たちが医療を変える:日本経済新聞
これも今後もっと必要とされるのではないかな・・・。 →
医師を事務作業から解放できれば、もっと重要な仕事ができる
異色の東大卒「医師起業家」が医療
問診アプリ「患者が質問に回答すると、内容に応じて次の質問が変わる。医学論文などを基に学習した人工知能が回答を分析。疑われる病名も、確率・統計モデルを踏まえた独自の予測アルゴリズムで導き出す」 / “異色の東大卒「医師起業家」が医…”
アントレドクターならぬ、アントレ会計士を目指そう。
メドレー(同・港)の豊田剛一郎氏(34)は、脳外科医として勤務したが、「過酷な労働条件と人手不足など課題が山積している」と感じた。
東大卒の医師が起業家になりやすいのは彼らがそもそも医者になりたかったわけではなく、ただ日本一の偏差値の理三に入りたかっただけというのが効いてるんじゃないかな。
医師の起業を異色と捉える現代社会。起業をより身近な存在にする事が我々の使命です。

異色の東大卒「医師起業家」が医療を変える: 日本経済新聞
あべさん!!!!👀👀👀アントレドクターかっこよい
異色の東大卒「医師起業家」が医療を変えるアントレドクター 第1部(上):日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR