MRJ消えた4000億円 三菱重工、損失なしで資産減額  :日本経済新聞

 三菱重工業が開発を進める国産初のジェット旅客機「MRJ」の資産約4000億円が、貸借対照表から唐突に消えた。資産の価値を引き下げる会計ルールに従えば損失を伴うはず。三菱重工が最終赤字になってもおかし

ツイッターのコメント(24)

おいおい、ANAの機材どうなるねん…。
MRJといえばIFRS移行でPLヒットさせない期首減損ワザですよ
日本の夢は高くついたね🙄
資産と純資産(内部留保)を消したのでありますな。
三菱重工は今期、日本基準から国際会計基準(IFRS)に変えた/MRJはさらなる開発遅延などのリスクがある。投資回収の可能性を考慮すると割引率は10%を超えたという / “MRJ消えた4000億円 三菱重工、損失なしで資産減額  …”
んなわけないだろ。MRJで4000億も稼げないよ。20年後にはただの時代遅れ。
此れはサラリーマン経営者に有りがちな現象、シャープしかり、オリンパス等〜3年程度でころころ変わるポンコツ経営者に有りがちな事案〜情け無い
何時納入できるかわからん事業にwwただトップが財務リスクが、綺麗に消えたって言っちゃあかんやろ。会計基準変更だけ。やっぱ、この会社には投資しちゃあかんねw

MRJ消えた4000億円
まぁ、単なる数字マジック。
本質としてダメなのは変わってない。
書いてあることを理解するの難しいんだけれどだれかこういうお話得意な方おらんかね
 
PR
PR