TOP > 社会 > 大企業シニア、地方へ 丸紅・みずほなどお試し出向  :日本経済新聞

大企業シニア、地方へ 丸紅・みずほなどお試し出向  :日本経済新聞

 大企業のシニア人材が出向や研修の形で地方の企業に赴任する動きが出てきた。パナソニック、旭化成など少なくとも約30社が社内制度を導入し、丸紅やみずほフィナンシャルグループも検討している。培った専門性を...

ツイッターのコメント(17)

こういう時代になったよね。ほんと。
数は限られるかもしれないけど、給与が増えるとか、アップサイドと連動した成果報酬があるとか、夢のある話も出てくるともっと進むと思う。
自らの居場所としての職場が必要ならば地方だろうが何処だろうが関係ないだろうし、無給でもいいから人に必要とされたいのなら給料が出れば渡りに船で言うことなし。そういうこと?
“ 丸紅・みずほなどお試し出向”
若者がますます減る&行政サービスのコストが跳ね上がりそう。
というかそこに金使うなら地域おこし協力隊みたいなのの待遇改善した方がよいのでは
こりゃ片道キップだズラな。出したい結論に向かってデータくっつけちゃうのは良くないぽよ。
天下り以外の何でもない
無意味に単身赴任を増やされても、地方は嬉しくない
金融系は既に結構あるらしいね
一番お金がかかる50代に出向(;ω;)
若い人に田舎に戻ってほしい。これでは若い時には都会、都市をとったら田舎を助長するのでは…。
これも面白い。賃金は折半するんだろうが大企業は余剰人員を減らせるし中小は人手不足を補える。つか本来こういうのは国が労働市場通じて実現するもんだとは思うがw →
この取り組みは、ゆくゆくは移住・定住に繋げられる仕組みですね。受け入れ側自治体もしっかりと制度化に向けて関わらないと。
これまでは期待半分、疑心半分でなかなか進まなかった。今回のお試しという制度はいいかも!

「 丸紅・みずほなどお試し出向」
職場を腐らせる使えないオッサンは早めに外しとけという事か。
大賛成。定年後の再雇用でしがみつかれるリスクも抑えられそう。
大企業のシニア人材が出向や研修の形で地方の企業に赴任する動きが出てきた。パナソニック、旭化成など少なくとも約30社が社内制度を導入し、丸紅やみずほフィナンシャルグループも検討している。
大企業シニア、地方に活路  労使双方が合意すれば、出向期間後の転職も視野に入れる。「大企業から地方へ」が人材移動の一つの潮流…
以上
 

いま話題のニュース

PR