TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 財政黒字化25年...

財政黒字化25年度に 5年先送り、規律維持は綱渡り  :日本経済新聞

25コメント 登録日時:2018-05-02 01:53 | 日本経済新聞キャッシュ

 政府は2019年度以降の新たな財政健全化計画で、国と地方を合わせた基礎的財政収支を黒字化する目標時期を25年度とする検討に入った。これまでより5年先送りする。先進国で最も多い公的債務の圧縮に向け、単...

Twitterのコメント(25)

先送りをやらないよりはマシだが、デフレ脱却のためには一時凍結するべきだった。財務省が弱体化した今がチャンスだったが、与党内の議員はほとんど財務省派なので先送りしかできない。 / “ 5年先送り、規律維持は綱渡…”
そして、そのツケは全て子どもや孫に回されていくわけです。こういうのこそ、早めにやらないでどうする??

 5年先送り、規律維持は綱渡り
日本の問題は、積極財政が経済成長、格差縮小のためではなく、既得権益層の利益最大化(逃げ切り)とその結果としての格差拡大のために用いられ...
こうやって先送り先送りなんだよな。課題が多すぎで全部はやりきれないということもあるだろうけど。仕事しろ野党。
もぅ、綱を渡ってないとおもうんですが。両手で綱につかまってる、って感じ?
日本人というのは幸せを何に求めているのだろうね?こういう記事を読むと考えさせられる
基礎的財政収支(PB)黒字化5年先送り。何度目の先送り?日銀と同じ。いずれ目標達成時期を明示せずとなるのでは?達成困難だから。 それにしても日経の見出し「財政黒字化25年度に」はまずい。誤解を招く。きちんと「PB黒字化は」とすべし。
10年には「20年度の黒字化」と再設定し、同年の20カ国・地域(G20)首脳会議(トロント・サミット)で国際公約としたが、達成は難しい。
黒字化は無理だと思うし、日本は貧しくなっていくんだろなー
日本の経済成長は、人口増加とブラックな環境によって成し遂げられていたから。
歳出削減には「社会保障」を削り、消費税を15%にあげる。一刻もはやく方針転換せよ、という最後通牒かな・・・。
なお23年度くらいにまた5年先送りする模様(予想)
いまだにプライマリーバランスに拘って国益を損ない続ける政府の方針がわからん。
もう無理だろう、安倍政権では。
「先進国で最も多い公的債務の圧縮に向け、単年度の収支を合わせる財政規律をかろうじて守る。」

////
何だ、その言い草は。誰の政策だ!?
高齢化なのに財政黒字化できたらすごい
まともなインフレになるまでプライマリーバランスなんて撤廃しろよ
何度も何度も目標を先送り、が日本の彼方此方で起きている。『 日本経済新聞』
投資の効率化ちゃんとして欲しい
無駄な投資は要らないから、ベーシックインカムやろー
実質的に安倍政権下において「降参、お手上げ」って事だね。アベノミクス意味なし。これだけでも「退陣」すべきことだよ。
消費税10%回避のお膳立てが揃ってきたかな
増税先送りに向けて助走始めた感ある
5年先送り、規律維持は綱渡り
政府は2019年度以降の新たな財政健全化計画で、国と地方を合わせた基礎的財政収支を黒字化する目標時期を25年度とする検討に入った。これまでより5年先送りする。
以上

記事本文: 財政黒字化25年度に 5年先送り、規律維持は綱渡り  :日本経済新聞

関連記事