TOP > 社会 > 日立、英政府と原発巡り最終協議へ 撤退も視野  :日本経済新聞

日立、英政府と原発巡り最終協議へ 撤退も視野  :日本経済新聞

32コメント 登録日時:2018-04-29 19:46 | 日本経済新聞キャッシュ

 日立製作所が英国で建設を目指す原子力発電プロジェクトを巡って、英政府と事業継続に向けた最終協議に入ることがわかった。2020年代前半の稼働を見込むが、安全基準の強化で総事業費は約3兆円に膨らむ。リス...

Twitterのコメント(32)

経産省は福島事故の前から原発輸出を日本の成長戦略にしてた。事故後も変わってない。 /
やめといた方が良いよ。
リスクを抑えると考える発想が無理。自発的な開発リスクは抑えることではなく避けること。
安倍晋三内閣が決定してきた血税強奪の
安易な金儲けに一緒に興じてはいけませんよ。何かあれば国民に
ケツを拭かせるなんてできっこない
こと大人であれば理解できますよね。
原発と心中するか、撤退するか、の二択。
「原発はリスクが大きく、民間企業だけで背負えなくなった」(幹部)

泥沼から回避するには早めに撤退を決断ことだと思う。トルコの原発開発から離脱を決めた伊藤忠のように。
てったいしたほうがいいクマ!社会的ようせいクマ!
国内で原発造れないのに海外で建設しようって無理だよね。
ぜひ撤退してください。いりません。(当方英国在住)
プルトニウムの売人か? 笑
呆れた。まだ何も決まってないと日本政府は繰り返して来たが、これを読むと日本政府は企業連合と共に3千億円を「出資」し、2兆円の政府保証を与えることになる。
初耳だな( ´,_ゝ`)

> 日立はメイ氏との直談判で妥協案を探るとみられる。支援を求めるのは「原発はリスクが大きく、民間企業だけで背負えなくなった」(幹部)とみるからだ。
本当に撤退するんだったら、日立買いですね。
トルコに続いて英国も? b:id:entry:362926461 “トルコの原発計画、伊藤忠が撤退へ 採算困難と判断か:朝日新聞デジタル” /
原発は安い>< ”総事業費は約3兆円”>
とっとと撤退するのが吉。>
「最後の砦」の日立まで。。。原子力で大儲けって何だったんだろ? /
、英政府と原発巡り最終協議へ 

英国が将来の電源としてどのくらい原子力を重視するかが交渉の核心。
撤退してほしい。
どうなる? 我が国の #経済政策 に大きな影響が懸念される。
いやーwithdrawでしよ
決裂希望・・・決裂すれば事業から撤退する方針・・・
ここで日立がホライズンから撤退という選択肢はないと思うけど、万が一躓くと今後の日本の原発プラント海外展開に大きく影響するかもしれず、重い局面ではあるね。
世界的に原発事業の難しさが浮き彫りになっている。
採算が合わないなら撤退するしかない。 / (日本経済新聞)
中露以外は無駄な安全対策と再エネ補助金大盤振る舞いで安いはずの原発を死なせてる。それで電気代上げて支持を失ってるんだから本末転倒。
日立も三菱も東芝の二の舞になるんじゃない? 政府が金出してくれなきゃ事業としてなりたたないなんて、そういうスキームをあたりまえとしてきたところに日本の産業の弱さはないか。成長途上の産業ならともかく
日経(7):
しかし、これでも英国の出資比率は33.3%。日立や日本政府内では日本側が事業の主導権を握ることへの警戒感も強い。約2兆円と想定される事業に必要な借入金を巡っても、英政府がどれだけ保証を付けるか折り合えていない状況だ。
英中部のアングルシー島に二機の原発を作る計画です。安全基準の強化で総事業費は約3兆円に膨らみ、英政府との交渉が難航しています。
安全基準の強化で総事業費は約3兆円に膨らむ。/ 原発輸出を成長戦略に掲げてきた日本も、日立案件には政府の融資保証を付けて推す方針だ。
撤退も視野:日本経済新聞〜総事業費が当初の二倍に膨らんだことが背景に
以上

記事本文: 日立、英政府と原発巡り最終協議へ 撤退も視野  :日本経済新聞

関連記事