TOP > 社会 > 多摩川河川敷 レースの熱狂包んだ観客席跡  :日本経済新聞

多摩川河川敷 レースの熱狂包んだ観客席跡  :日本経済新聞

 多摩川にかかる東急東横線の鉄橋。その少し上流の河川敷にかつて、日本初の常設サーキットがあった。完成が約80年前だから、日本にモータリゼーションが訪れるよりだいぶ前のことだ。 「多摩川スピードウェイ」...

ツイッターのコメント(13)

サイクリングコース脇に幅の広い階段🤔
知らなかった~
さっきテレ東でやってて初めて知った!!丸子橋のふもと辺りの階段はレースの観客席だったんだって!
知らなかったー
あんなところに日ハムの練習場があったの?
多摩川河川敷にサーキットがあったんだ。河川敷でどういうコースレイアウトだったのか気になる。
見てみたいですね〜
レースの熱狂包んだ観客席跡 東急東横線の鉄橋の少し上流の河川敷に があったらしい。へえ×3。
知らなかった。あの景色はこれだったのか。
あー、あそこだよね。よくロードバイクで通ったな。ちょっと走り難いあたりだが⇨
「多摩川スピードウェイ」 >
ミスターKが戦前から自動車文化に貢献し続けた痕跡
だいたいこう言うのって日中~太平洋戦争でチャラになってるよねえ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR