TOP > 社会 > 世界の若者、移住先はアジア 人口移動に異変  :日本経済新聞

世界の若者、移住先はアジア 人口移動に異変  :日本経済新聞

36コメント 2018-04-01 07:56  日本経済新聞

 成長が続くアジア・中東へ移住する動きが世界的に広がっている。かつて豊かな欧米を目指したアジアの若年層も同じアジア域内を移住先に選ぶケースが急増し、労働供給と経済発展を支える。欧米への移住者は細るだけ

ツイッターのコメント(36)

【昨年の今日】「 人口移動に異変」 「かつて豊かな欧米を目指したアジアの若年層も同じアジア域内を移住先に選ぶケースが急増」「欧米への移住者は細るだけでなく高齢化が進み、社会保障負担増などを通じ各国で新たな排斥の動きにつながりかねない」
時代はアジア、(アフリカ)!!
みんな容易に海外で働いててすごいなあ・・・ ::
まさに目の当たりにしている@区役所
外国人だらけで、自分の方が外人感すらあるw
>
ほ〜らほら、流行りに乗って若者よ!アジア移住なんてどうよ!!
細る欧米、高齢化に拍車
米国は今後どんどん先細りアジアに集中する人口。
移住者の受入国別に2000年以降の新規移住者をみると、東アジアではタイの230万人を筆頭にマレーシアや韓国とのこと。
|
日本国内だけでなく、世界全体の人口動態も見据えておきたい。
活気のある場所に住みたいっていうのは世界共通なんだなぁ
着目「タイや韓国で10年前後に生産年齢人口が減少。」
人の多さが経済の強さにつながるよねぇ
fyi: 『 - 細る欧米、高齢化に拍車(日経電子版)』
世界規模で見てもアジア→欧米からアジア→アジアなのか、おもろいなー。 ▶
人類大移動時代ってこうゆうこと?
アジアが終わったら→南米→そしてアフリカなのか?
アジアの課題は政治だと思うよ。 /
なるほど
数字だけ見ると欧米との比率は2000年以降はそんなに動いてないような。 /
アジアは急速に盛り上がってるが、その中で急速に滅亡に瀕している変な国がいる。30年前栄華を誇りながら驕り高ぶり、世界を馬鹿にして全てを失った国だ。嘆かわしい / 日本経済新聞”
経済の中心も欧州、アメリカからアジアに移っていくね。
ちょっとおもしろい話な気がする_(:3」∠)_
*まさに「アジアの世紀」ですね。公民館の西洋史学習会で、進藤榮一『アジア力の世紀』(岩波新書を読んでいます。時代のエポックです。
21世紀はやはりアジアの世紀。
移住・移民先がアジアが最大!やはり中心はどんどん変わっているな
移住者を送り出す側、最大は1660万人を送り出しているインド、中国(1000万人)香港(230万人)日本(74万人)。日本に住む中国人のうち3人に1人は永住者との事
先を見て行動しないと
「アジア開発銀行は、中国の安定成長が続けば50年に世界の国内総生産(GDP)のじつに5割をアジアが握り、産業革命以前の1700年代と同じ状況に戻るとされる。」
「アジアの世紀」
かつて豊かな欧米を目指したアジアの若年層も同じアジア域内を移住先に選ぶケースが急増し、労働供給と経済発展を支える。
俺も移住しようかしら?
若者では無いけれど😉
アジア開発銀行は、中国の安定成長が続けば50年に世界の国内総生産(GDP)のじつに5割をアジアが握り、産業革命以前の1700年代と同じ状況に戻るとされる。 /
欧米への移住者は細るだけでなく高齢化が進み、社会保障負担増などを通じ各国で新たな排斥の動きにつながりかねない。国連によると、2017年時点の世界全体の移住者は2億5800万人と、2000年から5割増えた。」
今アジアや中東がトレンドだよ!
⇒人口過多な国から単純労働力欲しさの国に流れてるだけの話でしょが? 針小棒大に報じるんじゃねェよ。それでも経済紙か?
人口移動に異変:日本経済新聞🚀
若者、移住先はアジア 世界の 日本経済新聞💥自画自賛→自分はもう前々から→中国やインド東南アジアそしてそして中近東の時代が来ると!🌏💥
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR