TOP > 社会 > 中国、米に対抗関税を準備 豚肉などに最高25%  :日本経済新聞

中国、米に対抗関税を準備 豚肉などに最高25%  :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2018-03-23 10:12 | 日本経済新聞キャッシュ

 【北京=原田逸策】中国商務省は23日、米国から輸入するワインやドライフルーツ、豚肉などを対象に最高25%の関税を上乗せする準備をしていると発表した。対象は米国の2017年の輸出額で約30億ドル(約3...

Twitterのコメント(23)

豚肉などに最高25%    
重要な点は、中国側が取るのは緊急輸入制限(セーフガード)への対抗措置としてWTOでも認められているが、先の米国の鉄鋼・アルミの輸入制限はWTO協定違反の疑いがあること。
当然こうなる。
元々鉄鋼やアルミニウム生産で競争力なんか無いんだから、もっと別の戦い方をしないと。

 豚肉などに最高25%: 日本経済新聞
桁が足りない
放水車に水鉄砲で応戦しているような

 豚肉などに最高25%  :日本経済新聞
目には目 豚には豚???えええええっと。
本番の戦争が始まった。
中国で安心な豚肉を安価に食べられなくなる日は近そうだ
輸入している食い物に対抗関税掛けても辛いだけじゃないのかなぁ
貿易戦争来たか!!
しかし、日本は米国に報復措置を発動出来ないだろうなあ。
日本も対象だが従属国だから遺憾を表明するぐらい。でも中国は違う。、、、
豚肉などに最高25%:日本経済新聞 当然こうなるわなぁ…
中国商務省は23日、米国から輸入するワインやドライフルーツ、豚肉などを対象に最高25%の関税を上乗せする準備をしていると発表した。対象は米国の2017年の輸出額で約30億ドル(約3100億円)分。
日本もこれが出来れば一人前の国家なんだが
共和党は中間選挙で負けるだろうな。 →
中国商務省は23日、米国から輸入するワインやドライフルーツ、豚肉などを対象に最高25%の関税を上乗せする準備をしていると発表した。
経済戦争。
 豚肉などに最高25%:日本経済新聞
赤のレギオンを排除せよ⁉️
トランプさえいなければ

中国、最高25%の対抗関税を準備:日本経済新聞
中国、最高25%の対抗関税を準備

商務省発表 ワイン・ドライフルーツ・豚肉など3000億円分に最高25%
中国、最高25%の対抗関税を準備:日本経済新聞
中国、最高25%の対抗関税を準備 対象は米国の2017年の輸出額で約30億ドル(約3千億円)分。米国が通商拡大法232条に基づき鉄鋼やアルミニウムに追加関税をかけることへの対抗措置。米国との協議がまとまれば課税を見送る。
以上

記事本文: 中国、米に対抗関税を準備 豚肉などに最高25%  :日本経済新聞

関連記事