TOP > 社会 > 水素が燃料、市街地に電力供給 神戸に初の施設完成  :日本経済新聞

水素が燃料、市街地に電力供給 神戸に初の施設完成  :日本経済新聞

25コメント 登録日時:2017-12-10 14:18 | 日本経済新聞キャッシュ

 水素を燃料とする電力を世界で初めて市街地の施設に供給する発電所が10日、神戸市で完成した。水素ガスタービンを使い、周辺の市民病院など公共施設4カ所に電気を送る実証運転を2018年2月上旬に始める。川...

Twitterのコメント(25)

こんなニュースが。
知りませんでした。天然ガスと混ぜて燃やしているので、モビリティと技術は違うようですが、やはり効率の問題があるのだろうか……。
水素でしょうwwwwwwwwwwwww
安倍政権が目指す、水素を広く活用する「水素社会」への一歩
1000キロワット級のタービンで水素を天然ガスと混ぜて発電するほか、水素だけでの発電も実証する。 / “  :日本経済新聞”
水素が燃料、市街地に電力供給
18年2月から実証運転
2017年12月10日 12:26
水素自動車の普及にも寄与してほしい。今は電気自動車一本化方向に進んでますが,さらに先は水素だと言い続けとこう。
市立病院や国際会議場などに電力供給
やるやん。こーべ
水素は温暖化ガス削減に向けた次世代エネルギーと有望視されており、地域での有効利用をめざす
水素を燃料とする電力を世界で初めて市街地の施設に供給する発電所が10日、神戸市で完成した。水素ガスタービンを使い、周辺の市民病院など公共施設4カ所に電気を送る実証運転を2018年2月上旬に始める。
◾️
・水素ガスタービンを使い、周辺の市民病院など公共施設4カ所に電気を送る実証運転を始める
・工場内などで水素発電を利用する例はあるが、市街地の複数の施設に供給するのは世界初という
車はどうなるかな?
これで原発が、いかに時代遅れの発電技術かが国民に明らかになるだろう。
燃料の水素の調達手段が書いてないけれどどうなっているのかしら?
水素燃料に発電し地域供給、
ああこのプロジェクトで大林組の不正かな? / “  :日本経済新聞”
水素どこから持ってくるのがない記事だ。石炭改質?
今テレビのニュースでもやってたけど、その水素は何処から来るんだろうか?

あの〜太陽光と風力で発電した電気で水を電気分解して作った水素でないと、やる意味ないよ
電力が余ったときに現状はダムの水を逆に上げる揚水に廻しているが、そんなことをするより水素製造に廻せばいいんだよ。/
18年2月から実証運転


#まちるだニュース
最近水素ネタが増えてきたような気がする
短期的な市場テーマとしては、EVから水素にシフトチェンジでしょうか?
→問題は、その水素がどの様に生成されたかだ。まさか『電気分解』ではないとは思うが、、
所在地は、まぁアソコじゃないかw メンテ職人の特需あるかも〜
以上

記事本文: 水素が燃料、市街地に電力供給 神戸に初の施設完成  :日本経済新聞

関連記事