TOP > 社会 > 「鉄の天井があった」 小池氏、衆院選の敗因巡り  :日本経済新聞

「鉄の天井があった」 小池氏、衆院選の敗因巡り  :日本経済新聞

27コメント 登録日時:2017-10-23 22:27 | 日本経済新聞キャッシュ

 【パリ=桜田優樹】希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は23日、出張先のパリで国際会議のイベントに出席し、厳しい結果に終わった衆院選について「都知事に当選し都議選でパーフェクトな戦いをし(女性の進...

Twitterのコメント(27)

「「都知事に当選し都議選でパーフェクトな戦いをし(女性の進出を阻む)『ガラスの天井』を破ったかなと思ったが、『鉄の天井』があることを改めて知った」と話した。」

具体的に何が天井にあたると感じたのか言わん事には責任転嫁にしか聞こえん
こういう時にだけ「女性」を振りかざす、『都合の良い女』。→ 都議選で(女性の進出を阻む)『ガラスの天井』を破ったかなと思ったが、『鉄の天井』があることを改めて知った
"都知事に当選し都議選でパーフェクトな戦いをし(女性の進出を阻む)『ガラスの天井』を破ったかなと思ったが、『鉄の天井』があることを改めて知った」と話した。"
自身の傲慢独善を棚に上げて自己都合で唐突にジェンダー振りかざすとは明白にフェミニズムの敵ではないですか小池さん。
これ、盛大な自爆を性別のせいにしてなよって批判ももちろんだし、そもそもガラスと違って鉄の天井って「誰にでも見える障壁」なんだから、例えとしてもすごく変なんだよなあ。鉄の天井が見えてて登ってぶつかってんならタダのマヌケだろ。
都合悪くなるとジェンダー論を出す方にはヘドが出る。

自らの言動が招いた結果でしょうに。
「鉄の天井」って…このヒト何を言いたいの?あったのは鉄の天井ではなく鉄の壁。自分で「お友達以外を排除」して作った鉄の壁。
その間、都知事の仕事は空白。専念するか、辞めるかどちらかに!〜
小池氏、海外メディアを舐めすぎ。女性である事を理由とする社会進出障壁の比喩である「〜の天井」を使用しているが、実は本人の失言が最大の理由だった、と必ず報道するだろうな。
鉄の天井があった」  : 日本経済新聞
この人、ほんとに卑怯。自分のプライドを保つために、日本の有権者の資質を貶めている。希望の党が伸びなかったのは単に、党運営のグダグダさと党首の無能さ(性別でなく)のせい。
今回の踏み外しで急激に破滅的な方向に向かっている気がする。「風見鶏」が風に逆らうようになっては。。 / “  :日本経済新聞”
嘘つきには破らせない『鉄の天井』があったんだね。
違うだろー!(*`ω´)女性だから惨敗したわけじゃない。男性でも同じだ。息の様に嘘を吐く人種がいる。風評をつくりだしそれを事実に摩り替える。海外も絡めると更に達が悪い。
鉄の天井っていうけど作ったのはあなた自身
カマキリ夫人が、普通の女性と同列に語るのが、迷惑!
体はメスでも、中身はオッサン。一緒にするのは一般女性にたいするヘイトスピーチ。
女性の社会進出に対して「ガラスの天井」は使われていたが、今回の総選挙敗戦は小池さんの失言や戦略の失敗が原因なので、「鉄の天井」と言う表現は相応しくないと思う。
鉄の天井? リアル社会で戦っている女性に失礼な話だ。このおばはん、いけ好かんな・・・
君の敗因は「女だから」とかないから、百合子。多分花粉症ゼロで負けが決まったのw
これ本当に小池さん言ったならもうずっと失言続きやん。焦り?→
また批判しづらいことを言い出しやがって。
「お前自身に問題があったんだよ、差別のせいにするな」と言いたいが、それは世の被差別者が散々投げつけられてきた言葉だからな。
敗因を日本社会にしてて草
風を受けて颯爽と走り出したのにねぇ…

♪なんてったってぇ 希〜望〜
緑のコンパーチブルから
自分は乗らずに飛び降りて
公約いつしかひらりで
元民進達の視線を釘付け
女性の進出っていう社会の課題と自分自信の問題をごちゃ混ぜにして海外に発信するオバハン。
半端ないっすね。
女性であることを武器にしてのし上がってきた政治家が、身から出た錆で敗北したときには女性差別のせいにする。

この人が政治生命を失ったことを心から喜びたい。

/「鉄の天井があった」
そういう問題ではないよね。調子に乗り過ぎちゃったね。都知事の時みたいに世間を見方にできなかっただけで
小池百合子都知事に関して、私は何度も批判的なツイートをしましたが、それは小池さんが女性だから、という理由では決してありません。歪んだ歴史観に基づいている、と言わざるを得ない発言を何度もされているからです。ヒラリーと一緒の扱いは無理。
国民の審判は「鉄の天井」なのか?? ---
何言ってんだ。希望の失速は性別関係無いだろ
以上

記事本文: 「鉄の天井があった」 小池氏、衆院選の敗因巡り  :日本経済新聞