TOP > 社会 > 東大・早慶は「敗者復活戦」 殺到する中国留学生  :日本経済新聞

東大・早慶は「敗者復活戦」 殺到する中国留学生  :日本経済新聞

 東京大学や早稲田大学など、日本の難関大学に中国人留学生が押し寄せている。「グローバル化」を進めたい大学当局にとって歓迎すべき存在だが、喜んでばかりもいられない。国際的な地位が低下する日本の一流大学が...

ツイッターのコメント(64)

@PanMixi0 中国から見たら東大なんか滑り止め(笑)
それはアジアでの日本の大学のランク低下と裏腹なのか?→日経:
そうなりますよね。
欧米に比べてコスパいいし。
中国だけでは差別化できないし。
中国基準に競争、価格はなっていくなぁ。
海外のように自国学生優遇措置がそのうち施行されたりして。そうなったら確実に国力低下に繋がるよね。日本の学生さんがんばらないとやばいぞ~⇒東大・早慶は「敗者復活戦」 殺到する中国留学
考えますね→
「早稲田大に在籍する中国人は今春で2550人と5年前から4割増、留学生全体の半分」東大も同様。「日本ブランド求める中国人と、グローバル化を彼らに頼る大学当局のマッチング」
中国の学歴厨の方がすごいんだね
中国でのすさまじい受験戦争に敗れた学生たちの「敗者復活の場」と化している ※日本に来るともっとダメになる
え、そうなの?>
なぜ中国の若者は日本の難関大学を目指すのでしょうか?
何年も前に中華料理屋のマスターと話をしてて、中国のエリートは日本に留学しなくなったって吐き捨てていたのを思い出した。それって日本人学生の質の低下を意味するのでは。
「日本の留学生向け試験は筆記や面接、日本語能力などを総合的にみるため、どれかが低くても他で頑張れば合格できる可能性がある」
ちゃんと勉強する人は歓迎すべきでしょ。 / “  :日本経済新聞”
【東大・早慶 中国の大学受験に失敗した学生の敗者復活戦】

数日前、宇宙ステーション打ち上げがあったり、今日は世界最大の望遠鏡完成のニュースあったり、時代は中国。それを面白くない日本は盛んにdisるけど
日本の中国人留学生が天才級だったのは今は昔。とはいえ、当時だって欧米の留学に失敗した人ばかりだったんだけど。/
「東大や早稲田大の大学院を狙う学生には『学歴ロンダリング(洗浄)』のような傾向もある」(楊社長)という。
日本の学生は、格差を実感していないし、格差の恐怖を想像さえしていない。日本にいればある程度はヌクヌクしていられるが、その内、日本国内だけで生きていくのも難しくなる。今こそ大志を抱く時。
日本の大学にとっての厳しい現実がよく描かれている /
;そういう意味で、このような敗者復活をもくろむ人間が日本に来てもあまり意味はないのではないだろうか。日本で遊びたいなら別だが。
情けないなあ。
経営と勉学の間で…学力の低下と教員の負担が増すだけではまずい。
日本以上の学歴社会で、ブランド欲しさに来る人たちもいる。
文科省指定のSGUも中国人留学生に頼らざるを得ない状況だが、学生の質の低下が懸念されていると。
早稲田大学は中国国内でブランド力が圧倒的に強く、慶応大や一橋大学を上回る。楊社長は「ルイ・ヴィトンのバッグと同じようにブランド好きの中国人を引き付けている」と説明する/
中国でトップレベルの北京大学や清華大学などの学生が留学先として選ぶのは、日本ではなく、欧米の大学だ。
〈国際的な地位が低下する日本の一流大学が、中国でのすさまじい受験戦争に敗れた学生たちの「敗者復活の場」と化している実態もあるからだ。〉
興味深い記事でした。日本の大学を国際化するのは無理なのかな?それとも、これを国際化への第一歩と見るか。(o_o)
観光客としてきてもらうよりは良いのでしょう / (日本経済新聞)
しゃーないけど、これで日本人が落ちるのは嫌だなー。母国帰られちゃったら日本に還元してくれないんでしょー( ´,_ゝ`)
グローバル学歴ロンダリング / “  :日本経済新聞”
経営を考えると大学の方針を否定できないが /
@_japecon

なお有料です笑
中国でのすさまじい受験戦争に敗れた学生たちの「敗者復活の場」と化している
「早稲田大学は中国国内でブランド力が圧倒的に強く、慶応大や一橋大学を上回る」
お、すげえ。「早稲田はヴィトン」だってよ。
o0( こちらも結構行き届いた記事。「敗者復活」は良いが、記事末尾のように「復活した」と言えるだけの教育の質を担保しようとすると教員の負担がかなり凄いことになってる。
... 早稲田ブランドはヴィトン ... orz
早稲田の北九州キャンパスは10年前から中国人しかいない上、早稲田がそもそも中国人誘致派に乗っ取られているのでもう打つ手がない
これ、まさに、自分の周囲で
"今"起こっていること…👀💦
難関大学に中国人留学生が押し寄せている。
国際的な地位が低下する日本の一流大学が、中国でのすさまじい受験戦争に敗れた学生たちの「敗者復活の場」と化している実態もあるからだ。

早稲田は一般入試で入学する学生が50%を割ってるらしい。
もう世界上位ランキングにほとんどない日本の大学
中国留学生のせいじゃなく失敗した二流学生にも負けた他国の留学生や試験を出した大学側の問題じゃない?w
あと東大入試結構厳しいのでランクイン落ちたのは中国留学生のせいじゃないと思うけどw
トップ層の競争から脱落した者は日本の大学行く。
中国は後進国だから、まだまだ欧米に学ぶことがあるんでしょ 日本はもはや海外から学ぶことがない!って感じい・・・・みたいな♪
東大や早慶がアメリカの大学のスベリ止めとはやはり中国は人口が多い(苦笑):
東大・早慶が敗者復活戦なのか。凄いな。
日本も大学受験に失敗して米国留学は今でもある。日本人は米国コミカレや州立大に行くのが、中国人で日本留学を選んでくれる人もいる。ブランドになる日本の大学があるならまだチャンスでは【日経】
ランキング上は東大はシンガポール国立大学や北京大学、精華大学、香港大学等の「滑り止め」の位置付けだからある意味当然の流れとも言えそう。
そうだったのかー。中国のことは知らなかった。
敗者復活でも来てもらえるうちは、まだマシ。>
日本の大学の凋落はみな感じてる。カリキュラム近代化、職業教育の充実、9月入学移行、国際間タレントハント… どれも待ったなし。まず時代遅れ教員のリストラからだろう。
ハズレ籤扱いw もーどないなってんねん…コレw
アジア学生にとっては早稲田>>慶應なんだよね。後々響いてきそうだけどな…>
////中国の負け組にとって東大らは最後の救済です。
受験生増加の原因はこれか→
少子化とSGUの未来
東大が敗者復活扱い…/
中国人は出身大学により将来が決まるので、そこそこの学歴を手にするために東大・早慶に入学するという。一方グローバル化に向けて外国人学生を増やしたい日本の大学側は、彼らのおかげで実績は増やせているが対応に追われている。
「ビジネス」と考えると、爆買いと同じで法人本部はなびくだろうね〜。でも維持出来るか分からんそれに頼ると…ね。  (日経)
中国人留学生にとっては、米国アイビーリーグのすべり止めどころか、北京大学や精華大学の滑り止めなのかという驚きの実体。⇒
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR