TOP > 社会 > 忖度しすぎ?シルバー民主主義 負担増受け入れる素地  :日本経済新聞

忖度しすぎ?シルバー民主主義 負担増受け入れる素地  :日本経済新聞

25コメント 登録日時:2017-08-28 02:29 | 日本経済新聞キャッシュ

 年金は少しでも多く、医療・介護や税の負担は少しでも小さく――。若者に比べて高齢者を優遇する「シルバー民主主義」政策が財政を悪化させてきた。お年寄りがこれからますます増えるなか、目先の痛みを強いる財政...

Twitterのコメント(25)

お前らマスコミが竹中平蔵らの構造カイカクにソンタクし過ぎなんだよ(# ゜Д゜)
高齢者医療費や介護費を受け取るのは高齢者でなく若者・現役世代だよ

日経のゴミみたいな記事についての論評
 負担増受け入れる素地
日経新聞は若者を馬鹿にしすぎ。  負担増受け入れる素地(日本経済新聞)
日経は財界と役所の便所紙by宮崎哲弥
「孫は祖父より1億円損をする」とされるが、財政発散と政治的関心の発散には極めてユニークな関係があるようだ!孫のクレジットカードの使用に制限がない場合、デフォルトする⇒
福祉を削って負担を増やして痛みを伴ったとしても、財政の持続可能性は担保しなきゃならない。綺麗事だけで無理やり高福祉を維持したとして、その皺寄せは後に回るだけ。政治が票に迎合していたら国がもたない。現実を伝え我慢をお願いするのも仕事。
だから、投票に行かなきゃなんだよー
「政治家が高齢者の意向を勝手に忖度(そんたく)しているだけ。きちんと説明すれば高齢者もある程度の負担増を受け入れる」これ確かな話なのかな?世論は盛り上がってない。実感もない。それで政治家は動かない。新人政治家に期待せよって話かな?
そもそも現在世代内での世代間対立なんて今まであったんですかね?
ネット投票の早期実現を!大手新聞/TVしかみないシルバー層・主婦層は偏向報道に騙され続けてる。
政治家の意向を忖度する官僚、国民の意向を忖度する政治家、官僚の意向を忖度する国民。忖度の三すくみ状態。
財務総合政策研究所・広光俊昭「消費増税先送りは、30年後に消費税が25%に、年金給付が月5万円。増税すれば、消費税が20%、年金給付は月7万円。どっち?」←アホか!
⇒結局、高齢者に忖度してきたのは国会議員ってことやんけ。
ざけんな! 若者もちゃんと投票しろ!
河野君か。無脳を好き好む日経らしいな。
時間あたりの所得水準が低い人ほど、小さな負担で大きな受益を求めがちという
負担増受け入れる素地

確かに高齢者優遇ばかりが先行し少子化対策が遅れているのは選挙に行かない若者にも責任がある。政治不信をツイートするのはいいが、選挙に先ず行かないと何も変えられないのでは?
まぁ、そういう余地もあるでしょう。
「「増税をして社会保障を拡大する必要がある」とした人が20代では29%で、60代では40%」というが、当然の結果。これも、若者に旨味なく、年寄りに旨味あるからね。
>ゴミのポイ捨てや年金の不正受給などに目をつぶる「公共心の低い人」ほどただ乗り政策を選ぶ傾向
神の目線。。
若者の入りの少なさ、将来不安を本当に理解してもらえているのでしょうか。
シルバー世代が負担増を受け入れるのは当然では…還元される世代なんだから。
忖度っていうより、露骨な選挙対策だよなあ。
年金で遊びまわってる人たちより、若者に目を向けないと日本に未来はない
朝の出勤時とか、優雅に散歩してる高齢者を見るとイラッとするんですよね…
ベーシックインカムで、若い頃から投資したかったなぁ。
分かち合い路線を突っ走ってくれそうなのは前原誠司氏なんですが、民進党が政権を担う可能性はほぼゼロですからね。小池新党と連立してワンチャンあるかないかという所でしょう。
お年寄りの政治への影響力は大きい。直近3回の衆議院選挙の平均投票率は20代が39%なのに対し、…
以上

記事本文: 忖度しすぎ?シルバー民主主義 負担増受け入れる素地  :日本経済新聞