TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 中小の賃上げ61...

中小の賃上げ61% 人手確保を優先、前年比7ポイント増  :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2017-07-16 23:48 | 日本経済新聞キャッシュ

 日本商工会議所は2017年の中小企業の賃上げ状況に関する現段階での調査結果をまとめた。3468社のうち定期昇給やベースアップ(ベア)を実施した企業は61.9%で、16年に比べ7ポイント上昇した。未定...

Twitterのコメント(23)

アベノミクスで何も恩恵が無い、って人はあーあ勤め先がダメで運が悪かったですね〜wwwでいいですよもう
やっと民主党政権の景気対策の効果が出てきましたね! 早くアベノミクスを止めなければこれが台無しになってしまう……。 *
普通に働いて生活している日本人労働者にとって安倍さん引き摺り下ろす理由ってないよね😏
人手確保を優先、前年比7ポイント増
ほらほら中小企業でも賃上げですよ。安倍政権下で景気は確実に上向いてるんですよ。それが安倍政権のおかげかどうかは別の議論として、無理筋の政局騒動で水かけんじゃねぇよマスコミは!
今の森友・加計のような言いがかりによる安倍政権倒閣運動が、マスメディアが自分の儲けのために、余裕で生きていける金持ちと老人に、人を殴る娯楽を提供するのが目的で行われてるのが如実にわかるな。現役勤労世代は安倍政権を潰す理由がない。
人件費削減を掲げてきた某社は内定が取れなくて苦労しております。ただでさえ新卒との逆転が起きかけてるのはバレバレなのでね。いや、マクドの女子高生が話してたのを聞いただけですが
いい流れだ(・ω・ )この調子で賃上げが定着して欲しい
しらっと報道されてるけど、ようやく20年前と同じくらいに戻っただけ。よりパイを広げていかないと。後は一番割を食った30代、40代の賃金をどうするか。
人手確保を優先、前年比7ポイント増:日本経済新聞
>3468社のうち定期昇給やベースアップを実施した企業は61.9%で、16年に比べ7ポイント上昇した。未定と答えた企業は20%超にのぼり、今後賃上げに踏み切る余地も
「企業からは「社会保険料の企業側負担が増えており今年の賃上げは未定」(広島県の青果卸)との声も出た」
これは学生の内定スピードを見てると如実に分かる。内定が決まらない学生のため卒業を先伸ばしにする制度が機能してたのは、ほんの3年前のこと。
いいことだ。さあ頑張ろうか。
マスコミは報道しない自由を施行中だが、安倍政権が倒れると この流れも立たれるんだよね~国民バカなの?(^^;)
アホの扇動に乗ってぶち壊すか?政治は印象とか戯言は無視して結果で判断すべき。
これがアベノミクスの成果。

とてもええ事やね、とは言え中小企業の利益率の悪さは元請けのダンピング圧力だからなその辺も改善していけばええんだが:
16年に比べ7ポイント上昇した。業種別では、賃上げをした企業が製造業や建設業で6割を超えた一方、小売業は46%にとどまった。
日本商工会議所は2017年の中小企業の賃上げ状況に関する現段階での調査結果をまとめた。3468社のうち定期昇給やベースアップ(ベア)を実施した企業は61.9%で、16年に比べ7ポイント上昇した。
「賃上げの理由では人材確保・定着が82.8%と最も多かった」「社会保険料の企業側負担が増えており今年の賃上げは未定」…人件費負担が重く、増大する社会保険料が賃上げの障害に
有効求人倍率も大きく改善してるし、景気は確実に良くなってきているのに、安倍辞めろとか喚いている人はなにか不満なのかね?誰ならこれ以上良くできると思ってるのかね?
[日経] 日本商工会議所は2017年の中小企業の賃上げ状況に関する現段階での調査結果をまとめた。3468社のうち定期昇給やベースアップ(ベア)を実施した企業は61.9%で、16…
以上

記事本文: 中小の賃上げ61% 人手確保を優先、前年比7ポイント増  :日本経済新聞

関連記事