東大など、液体のりで造血幹細胞の増幅に成功  :日本経済新聞

発表日:2019年5月30日液体のりで造血幹細胞の増幅に成功~細胞治療のコスト削減や次世代幹細胞治療に期待~1. 発表者山崎 聡(東京大学医科学研究所 幹細胞生物学分野 特任准教授)2. 発表のポイン

ツイッターのコメント(49)

あ〜、これこれ
東大など、液体のりで造血幹細胞の増幅に成功:

ポリビニルアルコール……アラビックヤマト……!?
片っ端からといって、液体のりなやつで培養したのがすごいですわね
現行の培養液には阻害物質が含まれている→代わりになるものを探してひたすら試す→液体のりイイ!

確認してみると、結構自然な流れだったコレ。
先日有り難いことにお話聞けた発見。凄くクール。
色んな細胞に応用できると良いなあ
イムノアッセイの開発でもアルブミンの代わりにポリビニルアルコール試しに入れてみるのが流行るかもなぁ。

で、わかってない偉い人とかが「あのノリのやつ入れてみればいいんじゃね?」とか言いそう。
“ポリビニルアルコール(PVA)を用いることで、安価に細胞老化を抑制した造血幹細胞の増幅が可能”に”液体のりの主成分である”っていう説明がつくことで一気に身近になってすごい感が増す不思議
BSAメーカーには痛手なんかなぁ
東大など、液体のりで造血幹細胞の増幅に成功:
これか。今読んだ。
文房具の可能性は無限大だと感じました。もしかしたら今使っている文房具が将来自分の命を救うことになるのかもしれない!?
うおぉ未分化維持がすげえな。
 
PR
PR