TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 東証大引け 続伸...

東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し  :日本経済新聞

10コメント 登録日時:2018-09-19 15:41 | 日本経済新聞キャッシュ

 19日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。前日比251円98銭(1.08%)高の2万3672円52銭で終え、1月24日以来およそ8カ月ぶりの高値を付けた。前日の米株高を背景に市場心理が強気に...

Twitterのコメント(10)

続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し   ㏲の日経平均は251円98銭高の2万3672円52銭。前日の米株高を背景に市場心理が強気に傾く中、海外勢中心に株価指数先物の買いが続いて相場を押し上げた。売買代金2兆9670億円、売買高16億235万株
米中の貿易問題は一旦は出尽くしと思われてるらしいが
これはまだこの先どうなるかわからないわな・・・
19日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。前日比251円98銭(1.08%)高の2万3672円52銭で終え、1月24日以来およそ8カ月ぶりの高値を付けた。
19日の日経平均は4日続伸。終値は251円高の2万3672円と、8カ月ぶり高値。米政権の対中追加関税発動の発表にもかかわらず、米ダウが上昇、米中貿易摩擦問題の悪化懸念が一段と後退し日本株に買いの勢いが増した。売買代金は2兆9670億円。
20日投開票の自民党総裁選で安倍晋三首相の3選が決まれば株価上昇につながるとの思惑が海外短期筋の先物買いを誘うなか、ファナックや日立建機といった中国関連とされる銘柄にも見直し買いが入った。
続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
中国・上海株式相場も連日で大きく上げ、米中の貿易摩擦に対する警戒がやや後退。20日投開票の自民党総裁選で安倍晋三首相の3選が決まれば株価上昇につながるとの思惑が海外短期筋の先物買いを誘うなか、中国関連とされる銘柄にも見直し買いが入った。日本経済新聞
続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し: 日本経済新聞
以上

記事本文: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し  :日本経済新聞

関連記事