TOP > 社会 > 東証大引け 続伸、全面高で2万円台回復 上げ幅2年1カ月ぶり大きさ  :日本経済新聞

東証大引け 続伸、全面高で2万円台回復 上げ幅2年1カ月ぶり大きさ  :日本経済新聞

27日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸した。前日比750円56銭(3.88%)高の2万0077円62銭で終え、3営業日ぶりに2万円台を回復した。上げ幅は今年最大で、2016年11月10日以来お...

ツイッターのコメント(17)

今年もあと1営業日だというのに
最後にとんでもない事が起こったな(・ω・`;)
20181227「米国の年末商戦が好調だったことで個人消費の堅調さが意識され、景気先行きに対する懸念がやや後退」
このまま2万円キープで明日終えてくれれば少し期待がもてる
終値750円高の2万77円
報道というのは愚かなもので、ほんの少し値を戻しただけなのに大騒ぎですね。
上昇したといっても、たかだか2~3日前の株価に戻っただけですけどね…。
まあ、あまりマーケットに振り回されずに、自分の投資方針を貫きましょう😌
日経平均先物が下げてるのが気になるけど、まあまあなのかな。もうちょっと上げると思ってた。
親分のNYが反発してくれたおかげや、今宵の親分は小さな値幅のコマ、もしくは昨日上昇分の半分まで突っ込んでも、後半に上方向の意志を見せれば、年内の日本株は穏やかにいける、年内って、明日は大納会ですが。笑
日本市場にも今年最大の上げ幅
上にも下にも、みんなにお年玉ですね。
さて注目は、明日28日の大納会で、日経平均株価が20,000円台で
納めることができるかです。それでも、あまりいい風景ではないですよね。
日本経済新聞
日経の報道はまさに「一喜一憂」!先物では、すでに2万円割れてるよ。上がった下がったの報道ならバ○でもできる。まともな記者なら他に書くことあるだろ→
上げましたねー。2019年はいかに?!  :日本経済新聞
このところの相場下落の勢いは一服しつつあるとの見方から、投資指標面で割安とされる自動車や商社株などへの押し目買いが入り、相場全体を押し上げた。だが、節目の2万円台回復で戻り売りが出やすかったほか
27日の日経平均は大幅続伸。終値は750円高の2万0077円と上げ幅は今年最大。米NYダウが過去最大の1千ドル上昇と急反発し、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ全面高の展開となった。ただ、VIX指数は30台で依然警戒を要する相場だ。売買代金は2兆6918億円。
陰の極より脱出か 今日の大幅続伸良かった。明日も上がれば安心?
終値750円高の2万77円
米政府代表が1月に貿易協議のため中国に訪問すると一部で報道されたことも米中摩擦が緩和するとの期待を高め、海外ヘッジファンドなどが株価指数先物の売り持ち高を解消する買いを入れた。日本経済新聞
上げ幅2年1カ月ぶり大きさ:日本経済新聞 "東証1部の値上がり銘柄数は2112と全体の99%を占め、今年最多となった。値下がり銘柄数は11、変わらずは6だった"
続伸、全面高で2万円台回復 上げ幅2年1カ月ぶり大きさ
以上
 

いま話題のニュース

PR